humhum のすべての投稿

「マスコミ鵜呑み度」世界一は日本

テレビや新聞の報道内容おそのまま信じてしまう、
「マスコミ鵜呑み度」が世界一なのは日本。

日本国民の70パーセント以上がマスメディアを信頼しているのに対し、
アメリカでは26パーセント、カナダ36パーセント、イタリア34パーセント、
フランス35パーセント、ドイツ36パーセント、ロシア29パーセント、
イギリスはわずか14パーセント。
日本人がダントツでマスコミを信頼しているのでした。

信頼していると言えば聞こえはいいけど、
自分で調べ自分の頭で考えないということ。
これでは、たやすく情報操作され、世論をでっちあげられ、
間違った方向に誘導されかねない。
気がついたら「日本だけ島流し状態」になってたりして。なってるけど。

「嘘は大きいほどバレない」とは、ヒトラーの言葉。
ナチスは新聞とラジオ、雑誌や娯楽など、
ドイツ国内の情報伝達の手段すべて支配していたことを忘れてはいけない。
バイデンを批判した女性フリーアナが、
番組お降ろされ事務所をクビになるような日本の現状です。

いま世界で広がっている大覚醒は、
「自分で調べ自分の頭で考える」運動でもある。
まずはコロナの正体、大統領選の真実から調べてみて。
きっと点と点がつながって、
それは線になり面になり、
やがて大きな大陸が浮かびあがってくるはず。

お楽しみはこれから

きた!
不正選挙はトランプチームによって完全に監視されており、
まもなく不正の実態が明らかになっていく模様。
不正に加担した者たちを一網打尽、正しい法の裁きが待っている。
ちなみに、日本にも不正選挙は存在するのは知られた話。

しかし、こんなにツッコミどころのある選挙って、かつてあったろうか?
いくつもの州が投票率100パーセントを越えちゃったり、
投票最高年齢が220歳だったり、
すでに亡くなっている人が不在投票していたり、
っ死んだ飼い猫の名前で投票用紙が送られてきたり。
まさに、バイデンの奇跡(笑)。
それだけ闇側は必死だってこと。

さあ、フェイクメディアはいつまでシラを切り続けることができるか、
どれだけ民衆がマトリックスから抜け出して目覚めるか、
映画で言ったらクライマックスに近いところまで来てます。
(ポップコーンの用意はいいですか?)

電子投票を瞬間的に書き換えるソフトウェア「ハンマー」とその付属ソフト「スコアカード」が不正選挙に利用された|電子的に回収された全ての期日前投票の3%が改竄された疑いがあるとパウウェル弁護士がFOX Businessの番組内で発言 – https://bonafidr.com/2020/11/08/%e9%9b%bb%e5%ad%90%e6%8a%95%e7%a5%a8%e3%82%92%e7%9e%ac%e9%96%93%e7%9a%84%e3%81%ab%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%8f%9b%e3%81%88%e3%82%8b%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a2%e3%80%8c%e3%83%8f/?amp

二回びっくりした

作曲家の筒美京平さんの訃報を知って、
ぎゃあ!って、
傍で眠っていたアイメイトが跳ね起きたくらいの大声を出してしまい、
アタシも自分の出した大声にびっくりして、
「人って驚くと、とっさにこんな声でるんだ」と思ったのでした。

私の年代は歌謡曲全盛期で、
筒美京平さんの曲を聴いて育ったようなもの。
筒美京平さんの作る曲はソウルミュージックの要素が入ってて、
「サザエさん」とか「お世話になりました」とか、
オトナになってから聴いたら、何気にサウンドが格好よくて、
こういう、さり気なく格好いいっていうのがカッコイイってことだなぁと思ったのでした。
(トボケた感じの井上 順も何気にかっこよかった)

きょうは9月11日/動画「真実への青写真(日本語吹き替え版)

アメリカ同時多発テロが自作自演だったことは、
知っている人は知っている話で、
知らない人にとっては「トンデモ話」かもしれない。

もしも、
ツインタワーに激突した旅客機は合成画像だとしたら?
事前にビルに爆弾が仕込まれていたとしたら?

きょう紹介する動画は、
世界中の建築家とエンジニアによるグループが、
科学的に徹底して検証した「911の真実」。

これから911に限らず、
世の中のあらゆる嘘や隠蔽が表ざたになって、
真実が広く知られることになりそうだ。
それは、名前にトランペットの意味を持つ、
フェイクメディアから散々叩かれている人物によって。
トランプは911直後から「おかしい!」と主張していた。

えー!あれも?
まさか!これも?!
私は911がきっかけで、
(ちなみに、311のすこし後まで目が見えていた)
世の中の裏を調べるようになったのだけれども、
何も知らないままに全てを知らされることになってしまったとしたら
それは相当な衝撃だろう。

真実を知ることは、世界を変えること。
それに、これから起きる沢山の情報開示に備えて、
少しでもショックを和らげる準備でもある。
(犠牲になった方々に黙祷…)

911事件】真実への青写真(日本語吹替版)(Blueprint for Truth-Japanese-60min.) – YouTube

人は情報でできている

ただいま地球規模の大変革の真っただ中、
良い意味で激動の夏になりそう…!
テレビや新聞が報じない日本や世界の情報を知りたい人は、
下にご紹介する方々のツイートが参考になるかもしれません。

地球放浪22年目 Qリプトラベラーさん
(@cryptraveler)
世界中を旅する日本人トラベラー。
超おすすめ

https://mobile.twitter.com/cryptraveler?p=s

shironoさん
@shironoyattsuke
欧州在住の日本人生物学者。
深読みがすごい。おすすめ。

https://mobile.twitter.com/shironoyattsukehttps://mobile.twitter.com/YattsukeBlog?p=i

マリさん
MARI-LOVE-USA(@MARILOVEUSA)
アメリカ・ポートランド在住の日本人翻訳家。

https://mobile.twitter.com/MARILOVEUSA?p=sMARI

果林&樹林(Karin & Kirin)さん
(@japanawakening)
オーストラリア在住の日本人。
マスコミが報じていない情報やQアノン情報をなど、
英語で見聞きした情報をフォロー&紹介しています。 

https://mobile.twitter.com/japanawakening?p=i

ナカムラクリニックさん
(@nakamuraclinic8)
神戸市元町のお医者さん
健康雑誌 安心「食べて治すヒミツの医学」連載中。

https://mobile.twitter.com/nakamuraclinic8?p=i

どうしてる?

すももも桃も最盛期、
無花果や西瓜の美味しい季節がやってきた。

親友のお姉さんによると、
お寺さんの色とりどりの紫陽花が綺麗で、
蓮の花も咲き出しているそう。

あちらの世界の花や緑や果物は、
こちらのものより格段に美しく素晴らしいと本で読んだ。
常に快適な気候のおかげで、
花や緑や果物は枯れることがなく、
住人は次第に季節を忘れてしまうのだとか。

こちらを眺めた時だけでも、
季節を思い出してくれたらいいな。
こないだは、愛知産の大きな無花果を食べて美味しかったよ。
今朝は、蝉が一斉に鳴きだしたのよ。
そろそろ梅雨明け、いよいよ夏本番です。
(もうすぐ親友の命日)

David – YouTube

違和感は正しい

すごい時代に生きているなと思う。
いま、トランプをはじめとする人たちが、
虚構の世界を変えようと動いていて、
様々な情報開示(ディスクロージャー)もその流れであるのだけれど、
下に紹介する内容にはビックリした。

トランプ政権が
米国務省ウエブサイトで公開した公文書。
Foreign Relations of the United States, 1947, The Far East, Volume VI – Office of the Historian

https://history.state.gov/historicaldocuments/frus1947v06/d189

終戦直後(1947年)の連合国対日理事会の議事録で、
マッカーサー代理のアチソンの発言。
「日本が英国領から独立してイギリス連邦の一員に成ることを期待している」

これもすごい。
Getting Globalization Right: The Japanese Exception – OECD Insights Blog

https://oecdinsights.org/2012/05/02/getting-globalization-right-the-japanese-exception/フランスに本部を置く国際機関OECD(経済協力開発機構)が、

フランスに本部を置く国際機関OECD(経済協力開発機構)が、
“本物” の明治天皇の、
断髪後の彩色写真を掲載している
(米タイム誌も暴露)

…えええ!! 
日本はイギリス領?!独立してない?!
明治維新の背後にフリーメーソンがいたことは知ってたけど、
まさか国を売ってしまったの?

カバール(イルミナティ、ディープステートとも言う)のことを
長年コツコツ研究している方によると、
「白人が支配すると見た目でバレてしまう。
日本人は高潔なので祖国を裏切れず手先には不向き。
そこで、日本人に似ている人種を手先にすることにした」そうだ。

明治天皇すりかえ説は、私も知っているくらい有名だし、
どうして昭和天皇が英国陸軍元帥だったのか謎だったけど、これで納得…。
それに、やりたい放題の現在の首相は、
「田布施システム」の申し子だもの。

私は明治以降の日本に妙な違和感があったのだけれども、
その違和感は正しかったと思う。
幕末の志士や維新の偉い人たちが嫌いなのは、
私が江戸時代が好きだから?
自分のルーツが東北だから?と思っていた。

ディスクロージャーは進んでいる。
真実を知ってヘコんでしまうこともあるけど、
もう、正しい人や優しい人が苦しむ時代にサヨナラの時が来ている。

ドキュメンタリー映画「プランデミック」我々の命、自由、健康を支配する計画、パート1:ジュディ・マイコヴィッツ(前編)

最近アップされて世界中で大拡散中のドキュメンタリー映画、
「プランデミック」を紹介します。
ウイルス研究の第一人者、ジュディ・マイコビッツ医師へのインタビューです。
(話の流れによって、パート1からパート10まで分けられています)
ちなみに、「プランデミック」とは、
プラン(計画)とパンデミックの造語。

かつてエイズ研究チームにいたジュディ・マイコビッツは、
治療法を確立したばかりに無実の罪で投獄されてしまいました。

マイコビッツは言います。
「治療法があるのに、有害物質を故意に混ぜたワクチンが作られ、
正しい治療法は隠蔽されたまま、
間違った治療法のせいで、たくさんの人が亡くなったのです。」

当時のプロジェクトのリーダーは、
アメリカ国立アレルギー・感染症研究所長のファウチ博士。
彼女の論文を奪ったファウチは、
ワクチン利権屋に多額の報酬で買収されていました。

そして、新型コロナウイルスにおいても、
同じ手法がとられていると彼女は言います。
正しい治療法は攻撃され、ワクチンを強制しようとしている、と。
(前回の動画も見てね。つながります。)

以下は、映画の要点をまとめたブログより天才
↓動画はこちら

https://www.bitchute.com/video/aTSLR86irgBP/?fbclid=IwAR0MxKW4HiYRldTU3B1qEdKpR3fP63CdG6oJ9JC4rymS-57KUgx_b2Isa-4

***ここから転載
アンソニー・ファウチ博士の元部下による真実の告発

 → https://www.facebook.com/groups/amenouzumejyuku/permalink/2561487574090494/

『インフルエンザワクチン』の中には動物の細胞、つまりコロナ菌が入っていること、HIVやガンやさまざまな菌が混入し、免疫障害を起こすようになっていることを暴露しました。

イタリアでの感染拡大は、2019年にインフルワクチンを打ったプロパガンダで多くの人がコビットにかかった等。

①HIVやサースの時にも治療薬はあったにも関わらず、使用が禁止された

②CDCやWHOのトップはその勢力の傘下であること、そしてたった今もコロナ感染者を一撃で回復させる治療が可能であること。

③コロナ患者を入院させる毎に13000ドル、呼吸器を使用する毎に39000ドルが支給されるからです

④コロナ菌は空中をウロウロしていないこと

⑤マスクは菌を拡散して死者を増やすこと

(罹患者のマスクはさらに悪化させる。)

四六時中マスクをすることで、確実に免疫力は低下し、本来、病気と戦ってくれるはずのウィルスやバクテリアまでも殺してしまっているのです。コビットに罹患した人がマスクをすると、自ら増殖させてしまている。

その事で、ますます免疫力は低下し、皆が病気に罹りやすくなり、社会に病気が蔓延する事になります。
WHOが手洗いや消毒を奨励する本当の理由は『私達の免疫力を低下させる』ことです。

●だから貴方が『健康である』ならば、マスクや手袋などはせずに、どんどん外に出るべきです。
マスクをしなければならないのは、『高齢だったり免疫力に問題のある人達』だけであって、全ての人にそう言う事を奨励するのは間違っているのです

⑥医師達は、コロナの『疑いがある』患者が亡くなった場合、全て『コロナによる死』として記載・報告することが義務付けられていたからです。

それだけではありません。多くの医師が、コロナ患者の症状は肺炎より『高山病による酸素欠乏症』だと証言し、『呼吸器の使用をやめるよう』にと主張していたにも関わらず、
その声は完璧に無視され、彼らは『間違った治療法』を奨励することで『患者を殺して』いたのです。

⑦Covid19は インフルエンザワクチンによって体内に注入されたコロナ菌が活性化して発病したものである。
(*イタリア、2019年にインフルワクチンを多くに人が打ち、その後にゴジーで活性化)

軍の兵士たちにもワクチンを強制して各国に拡散された。

⑧日光や海水が菌を消滅させる

シャットダウンにより、なぜビーチを閉鎖する必要があるのでしょうか?
塩水と太陽と砂浜は、ウィルスにとって敵です。
人々はそこで癒され、健康になるのです。

⑨ソーシャルディスタンスも逆で、群れて集団免疫が獲得できる。
⑩今すぐに正しい治療法を施せば、これ以上拡散しないで済む

医師達は、コロナの『疑いがある』患者が亡くなった場合、全て『コロナによる死』として記載・報告することが義務付けられていたからです。

それだけではありません。多くの医師が、コロナ患者の症状は肺炎より『高山病による酸素欠乏症』だと証言し、『呼吸器の使用をやめるよう』にと主張していたにも関わらず、その声は完璧に無視され、彼らは『間違った治療法』を奨励することで『患者を殺して』いたのです。

●私達は皆、このプロパガンダに騙され、他人と違う事を言う者は迫害され、
互いに憎み合うように操られて来ています。
(これでは我々は一致団結する事もなく、お互いが憎しみあい、殺し合うことと一緒です。

これが目的とも言える今回の目的)

米国において非常に高名であり、数々の成功を収めてきた、Dr.ジュディ・マイクロヴィッツは、このパンデミックと戦う総指揮者であるトニー・ファウチ医師が、実はパンデミックを仕組んだ人間であり、彼の周りの全ての人間や組織が高額な報酬を受け取って買収されていた事を証言する。

今回のコロナウィルスの仕組みも、HIVウィルスの時と同じやり方が取られていると言う。

1994年に、ファウチ医師率いるマイクロヴィッツ医師のチームが、HIVウィルスを患者の唾液や血液から分離することに成功していたにも関らず、ワクチンを作り出し、その特許を取り、巨額の利益を得る為に、それを意図的に隠蔽していたのだ。

しかもその間違った治療法により、全世界、特にアフリカ諸国で、何世代にも渡って数えきれないほどの人が死ぬことになった。
その後、ワクチンの特許を巡り、利益相反が促される事になり、それが犯罪の温床となる。

医学を学んだこともなく、医師の免許も持たないのに、何故か専門家としてワクチンについて広く語り、ワクチン接種を行って来た『ビル・ゲイツ』のように。

「今回、ゲイツの言う通り、皆がワクチンを打つことが義務付けられたらどうなると思いますか?当然、莫大なお金が動きますよね」

「それだけではなく、何百万もの人達が死ぬ事になるでしょう。そもそも、現在のところ、ウィルスに効くワクチンはないのですから」

「それはノースキャロライナにある研究室と中国武漢の研究室でのことでしょうか」

「その通りです。ファウチ医師が責任者であり、医師が共同で研究を進めていた研究室です。

1999年にエボラウィルスの研究をしましたが、あれも、自然発生したものではなく、研究室から持ち出されて意図的に人に感染させることで広まったのです。
そして、多くの医師が指摘する様に、コロナウィルスによる致死数は『操作』されていました。

<ブルックリンの救急医の切実な訴え>

ーー治療法が間違っているために死なせているーーこの動画の中で彼女もそのことを指摘しています。

理由なく投獄されていた彼女がリリースされた後
医者に真実を伝え教育する活動に全力をあげています。
今、やっと多くの専門家が証言し出し、人々が目覚め始めました。
全ての人が、自己の権利と自由の為に立ち上がらなければいけません」

—————- 転載終了 —————–

動画もあります

https://www.bitchute.com/video/aTSLR86irgBP/?fbclid=IwAR0MxKW4HiYRldTU3B1qEdKpR3fP63CdG6oJ9JC4rymS-57KUgx_b2Isa-4

***転載ここまで

マトリックスにバイバーイ!

水瓶座の時代がはじまった。
精神世界では、20年以上前に
「アクエリアスエイジ」がブームだったのだけれども、
2020年3月、水瓶座の時代に本格的に突入したらしい。

水瓶座の時代の前は、魚座の時代で、
魚座の時代は、「ピラミッド型社会、悪人が得をする」時代で、
水瓶座の時代は、「自由と平等、善人が報われる」時代なのだとか。
いまトランプがカバール(イルミナティ、ディープステートとも言う)とたたかっているのも、
時代の転換期がやってきたということなのかも。

私が個人的に思うことなのだけれども、
HSPの人たちが、これからの新しい時代を担っていくはずだ。
HSPとは、
とても敏感な人(Highly Sensitive Person) のこと。
ちなみに、人口の2割がHSPであると言われている。

敏感さゆえに、これまでの古い世界では大変な思いをしてきた人たちだけれども、
これからの水瓶座の時代は、HSPの人の長所が指針になっていく。
すなわち、
正義感があり、内なる心に従い、真実を求める。
自由と芸術を愛し、自然や精神性を大切にする。

ところで、
古い時代から新しい時代への移行にも、
HSPの人の存在が鍵になると私は思っている。
真実に目覚めた人が人口の1割を超えると、
残りの9割が覚醒する、と言われているのだが、
「お前、そんなめんどくさいこと考えてんの?」と言われつづけてきた
HSPの人が、他の人の水先案内人となるからだ。
それに、
小さなことに動揺して傷付やすい反面、
いざとなったら立ち上がる強さも持ち合わせている。

さて。またも動画の紹介です。
ドイツ在住の命子さんとおっしゃるHSPの方。
you tubeのご自身のチャンネル「ポジティブレボリューション」で、
HSPの情報を発信されていますが、
「マトリックスにバイバーイ!」と、
真の世界問題についての発信もなさっています。
仕組まれたパンデミック+マイクロチップ入りワクチン義務化+5G導入は、
監視管理支配への「スーパーシティ構想」の布石であることを
論理的かつエモーショナルに暴露しています。
探求力、洞察力もHSPの方の持ち味なのだけれども、
素晴らしい!内容がとても濃いです。

命子さんの「マトリックスにバイバーイ!」のマトリックスは、
映画「マトリックス」に描かれる虚構の世界のこと。
映画の1シーン。
主人公ネオは、モーフィアスに赤と青の丸薬を差し出されます。
赤い丸薬を選んで真実を知りたいか?
それとも、
青い丸薬を選んでマトリックスに閉じ込められたまま一生を終えたいか?
ネオは、赤い丸薬(レッドピル)を飲んでマトリックスから出るのでした。

日本を絶対守る★スーパーシティ構想★ID2020★ビルゲイツ★マイクロチップ★拡散希望 – YouTube

ドキュメンタリー映画「アウト・オブ・シャドウズ」

公開以来、アメリカで爆発的に見られている映画。
ハリウッド内部者たちによるドキュメンタリーです。
ショッキングな告発内容ですが、
これはアメリカだけのことではないのです。
いかにマスコミやハリウッドが操作され、嘘をついてきたのか、
私たちは知らなければ、この現実の世界を変えることはできないでしょう。

*OUT OF SHADOWSについて(公式HPから抜粋)
The Out Of Shadowsのドキュメンタリーは、
主流メディアとハリウッドが、
コンテンツ全体にプロパガンダを広めることによって、
いかに大衆を操り、コントロールしているか、
その「仮面(マスク)」を剥いでいます。

私たちの目標は、
私たち(ハリウッド内部者)がいかに嘘をつき、
不吉な意図を持った隠れた敵に洗脳されてきたかを明らかにすることで、
一般の人々の目を覚ますことです。

このドキュメンタリーは、
目覚めたハリウッドのプロたちが2年間、
血と汗と涙を流してきた結果です。
これは独立して制作されており、
様々なプラットフォームで誰でも無料で見ることができます。
真実を伝えることを唯一の目的として
このドキュメンタリーを制作しました。
もしこのドキュメンタリーが気に入ったら、
このビデオをシェアしてください。

OUT OF SHADOWS
/ アウト・オブ・シャドウズ(暗闇を抜けて)日本語字幕(改訂版)
– YouTube