月別アーカイブ: 2021年6月

明日は夏至

マドモアゼル・愛先生のyou tubeチャンネルよりシェアさせていただきます。

夏至と南中の重なりが示す日本の時代 – YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=4AQ90OM69Gw

***ここから愛先生の言葉
明日は夏至です。
その時刻は12時32分から33分ごろ。
ちょうど頭上の真上に太陽が来る時間に夏至になります。
真上の太陽とは、地球の自転がもたらす一日に一回起こる現象で、
夏至は地球の公転による一年に一度の現象です。  
この一年の一度の現象と一日に一度の現象が重なるのが、明日の南中する夏至というわけです。
何億年に一度と語っている人もいますが、
一分単位で言っても1440年に一度はあることになりますし、
ほぼ南中ということになれば、20年に一度程度は平均的にありうる配置です。  

しかし、珍しいというか、おめでたい夏至ということはできます。
夏至が南中するのは主に日本だからです。
しかも日本は日の丸を抱く、太陽の国。  

その太陽が最大の影響を発揮する夏至に、
しかも頭上高く見える、、、
これは日本が再び世界に輝き、世界を明るくする配置と読むことができます。  

数週間前の日食により、
世界の上層部が一層される流れが見えますが、
それは日本でも同じですので、
今回の南中の夏至が今ある上層勢力の力とは異なるものだと思います。  

新たな日本が目立ってくる、新しい、もっと若いものだと思います。
偶然ということはなく、次回の動画でお話しすることもあるかもしれませんが、
例えば大谷翔平氏の活躍と人気は、これまでにない新しい形に見えます。  

例がスポーツでは信頼性に欠けると思いますが、
松田聖子の歌がバブルを支えた時代と一致するように、
上と下は連携します。
大谷氏はかに座であり、明日の夏至と関係する象意を表す存在ともとらえることができます。  

これからの一年、古い日本が弱体化し、
新しい力がまだ見えないものの、胎動を開始する夏至と読めるわけです。
いずれ日本の時代が来るという話しは昔から一貫して語ってきましたが、
その動きの始まり、スタートが明日の夏至かもしれず、
その結果はまだまだ見えないでしょうが、
大谷選手の活躍などと運命的にリンクして、徐々に表にあらわれれていくことになるのでしょう。  

ただ、私の実感としては日本はもうダメだ、、、、
とつい思ってしまうのですが、いつも私の思いよりも星が示すことの方が的確であり、
今度もそうなると思います。  

ただしその前に、これまでの失敗が日本でも世界的にも起こります。
疾病に関することもそうでしょう。
センターでの応募に数千人が来るはずが三人しか来ないというような状況を見て、
もう人は理解しだしており、
古い政策が急速にダメになっていくでしょう。  

その代わりに現れてくるものがある日本、、、
それがない世界、、、
の違いがこれからの方向を示すことになっていくと思います。  

ぜひ、明日のお昼、
太陽を意識し、緑を見て、ひと時の幸福感をあじわってみてはいかがでしょうか。
一瞬の中に、凝縮された明日に続くエネルギーがあるものだからです。 

***ここまで

コロナワクチンは人体実験であり、ナチスと同じことをしている 新ニュルンベルク裁判についてライナー・フェルナミッヒ博士が語る

本日2本目です。
第二のニュルンベルク裁判として、
1000人の弁護士と10000人の医療専門家チームを率いる
Reiner Fuellmich弁護士へのインタビューを、
佐野美代子さんが概要を翻訳されているので転載させていただきます。
長いですが、とても重要な内容です。

***ここから転載

ニュールンベルグ裁判2021の真実について
NEW!2021-06-15 10:56:30
Dr Reiner Fuellmich in da house! – Rumblerumble.com
ドイツのReiner Fuellmich弁護士の話です

『弁護士、特に、裁判弁護士を26年以上しています。
アメリカ、カリフォルニアで、消費者や中小企業のために活動してきました。コネを使い、世界中の弁護士に連絡して、この問題を世界的に解決しようと思っています。

2020年のカリフォルニアの郊外のランチで、
私は乗馬や太平洋でウィンドサーフィンをしたりと人生を楽しんでいたんですが、大勢の人がロックダウンとかについて電話してきました。

豚インフルエンザを10年以上前に止めることができた著名な友人の医師に電話しました。それで、コロナというのは風邪にしか見えないけど、これはなんでしょうか?と聞きました。
彼もそう思うと返事をしてきました。
多くのアメリカやドイツの科学者や医者の連絡先を教えてくれました。
それで、私は色々調べ初めたのです。
最初は政府がしてくれるのかと思ったのですが、何もしてくれないので、自分たちで行動を取ることにしました。

11年前に起きたことを思い出し、
医療関係の訴訟をしたことがないので、色々と連絡をとって、専門家や弁護士でコミュニティーを作ることにしました。ヴィヴィアン・フィッシャー弁護士に相談し、ベルリンで小さなコミュニティーを作ることから始まりました。

7月10日から・・生物学者、経済学者、心理学者、ウィールス学者、免疫学者、ファイザー社の副社長や非常に有名な専門家たちとコミュニティーを作りました。

一般の人たちが最も関心のある3つの質問を考えました。
1ウィルスはどれだけ危険なのか。
2PCR検査テストはどれだけ信頼できるのか。
3このコロナによる政策がどれだけのダメージがあるか。

3については、答えが簡単。
第3次大戦が起きたかのように、中小企業にとっては相当なダメージがあります。ドイツだけでなく、先進国の中小企業にとっては破壊的な影響力があります。

2については、WHOも認めていますが、あまり危険ではないと。普通の風邪程度。致死率が低いです。
では、何でこんな政策が起きているのか?

3 PCRテストはどれだけ信頼できるのか?
PCRテストは、ノーベル賞受賞した科学者のキャリーモリス博士が開発しました。治療のために開発されていません。
化学のためだけです。(これに、私が説明していますので割愛します)サイクルがありますけど、2.4.8.16・・・・とサイクルはありますが、24サイクル以上は使い物にならないと、どこでも認めています。生きているものと死んでいるものと区別ができない。自分の免疫システムの分子の一部かもしれないのです。
つまり、PCRテストはどんな状況下でも、何も感染を見つけることはできない。偽陽性になる可能性が大。

これを起こしているドイツの政治家やCDCに相当するRKIという機関の責任者は単なる操り人形です。このショーを実際に指揮している人の。

これはアジェンダなのです。
と言うのも、10年以上前からあるアジェンダに沿っているからです。
2019年の8月にあるマヌーバーがあり、それは、10月にイベント201というのを彼らは主催したからです。

彼らというのは特にグローバル企業で、ワールド・エコノミック・フォーラム(世界経済フォーマム)で頻繁に集まっている人たちです。
ジョンス・ホプキンズ・セキュリティー00とか??
軍産複合体とか??も関係しているはずです。

武漢から新しい病気が流行り出したので、ドレスデンは、
2020年1月にウィールスを見ないで、ドレスデン・テストを開発しました。これは単なる風邪だから心配しないようにと最初は言われていたのですが、
急に、
3月中ばにこれは非常に危険だと言い出して、パンデミックと発表しました。
WHOの医者は1月22日頃に、緊急セッションが開かれ、
Public Health Emergency of international Concernと発表したのです。
(これはもちろんフェイクです!)笑
2月14日頃に感染者が出てきた
というのもそのドラスデンのテストを開始したから。

96%偽陽性 サイクルが24以上
コロナの検査は40〜45サイクル(ほとんどのどの国でも)
だから偽陽性!!!

多くの人にワクチンをさせるため勧めている
遺伝子セラピーにすぎない。
これはワクチンではないです。
彼らは操り人形にすぎませんが・・・
証拠集めして、訴訟に持っていきます。
政治家やグローバル企業は、今回のコロナだけでなく
今までも腐敗し、汚職してきたので・・
クラスアクションがとても大事
消費者や中小企業を代表するために
汚職した大企業相手に・・・
最高裁さえ公正な仕事をしないので
どうするのでしょうか???
彼らは戦略的に大事な地位に操り人形を配置しました。
最高裁だけでなく・・色々なところに。
世界経済フォーラムのメンバーの若い人がドイツのチャンセラーになろうと立候補しています。
彼らはファウチを追いかけています。
かなりの圧力がかかっています。
彼はいずれ解雇されるのではないでしょうか?
国内の裁判所ではこれを解決できない
カナダなどとと提携してアピールしています。
これから1〜2週間で色々起きるでしょう。
世界中の200から300の弁護士を代表して活動しています。

彼らは人口削減、人口支配を
ワクチンを使い達成するつもり。
アジェンダのもう一つは、
中流階級、中小企業を潰すことです。
アマゾンとかによって潰されます。
なぜ起きているかまだ多くの人が理解できていない
カナダと共に
中小企業だけでなく、他のグループの人たちも代表します。
例えば、障害者、原住民とか、インディアンはいつも被害者。
これは大量殺人の話なので。
我々(普通の人々)も今後インディアンのように被害者になっていきます。

個人で訴訟を起こすとすごい金額がかかるので
集団でするのです。
ドイツに関しては、大手製薬会社がパワフルすぎて、政治家も言いなりになっている。

なぜ、世界の人口を削減したいのですか?
医者がそんなことをするはずがない
なぜ危険なものを打つのですか??
自分たちもその話を全く信じなかったです。
しかし、人口削減アジェンダはどこでも見つけられます。
ビル・ゲイツがおおやけに言っています。
動画もあります。
シュワブがこれを発案した人。
闇側はこのアジェンダをフォローしています。
大手製薬会社と政治家も一緒になっています。
ビルゲイツが中心的な役割を果たしている。
この地球には人が多すぎる。人口を削減する必要がある。
それで、ビルゲイツはアフリカやインドで多くの人にワクチンを打って、大勢が死にました。それで、彼は国外に追放になりました。
主要メデイアはこの話をしません。
政府は本来は人々の面倒をみないといけない、
我々が投票したのに・・・
大手製薬会社や一人の話だけ聞くのだろうか???
我々のは聞いてくれない。
多くの人が目覚めるのを彼らは恐れている。
ファイザーの副社長は立ち上がりましたが、メディアなどから猛攻撃を受けています。

このアジェンダは計画通りになっていないと
密告者が言っていた。
多くの間違いが起きてしまった。
副作用がたくさんすぐに起きてしまった、
世界中にバレている
CNNのタッカー・カールソンが説明していますよね・・
「アメリカでこのコロナのワクチン後に毎日30人に死亡している・」とタッカーは衝撃の話をします。
コロナそのもので死ぬよりもワクチン接種して死亡した数の方がはるかに多い
インタビュアーにも、毎日1000人から電話ある
ワクチンの副作用についての報告や相談。
しかし、医者がそれはワクチンと関係ないと診断するので、世界に知らされない
医者が頑なにワクチンの副作用を否定したりする

クラスアクション ワクチンの被害者が起こしても、
ワクチン開発会社は責任がないですよね

しかし、意図的の場合は責任があります。
悪意あるものです。
ニュールンベルグ裁判を思い出してください
ナチスのメンガラ博士の人体実験をしていました。
あんな恐ろしいことが2度と起きないようにしたのです

インフォームドコンセプトが必要
ワクチンではなく 実験的な遺伝子セラピーにすぎないと
実験が全くされていない
だから、これは実験になります。モルモットです。
ニューレンベルグ綱領はどうなのしょうか?
政府はワクチンに懐疑的な人を非難している
政府は子供にワクチンを打とうとしている
これに関与している
医者、これを命令する人、利益を得る人、
この政策を推進する政府などは
裁判になるでしょう。
国際的なコロナの裁判になります。
どこの大陸でその国際的な裁判が開かれるかまだ言えないが
ナチスの時よりも大問題となる
というのも、全ての人がダメージを受けるから・・

ワクチンによる健康被害
中小企業の経済的な被害
マスクによる健康被害
心理的な被害
孤立されたことによる被害

ワクチンが人口削減がアジェンダに沿っていて、
これに関与している人は
遺伝子セラビーでとても危険だと知っているはず

例えば、心臓発作や血栓などの副作用がある
このワクチンは効果があるのか?
ファイザーは、95%あるという
医学的な裁判は
副作用については??誰も何も知らない
MRAの注射 動物実験 2005年と2012年か 全ての動物が死んだ。
だから、今回は別のワクチンだが、動物実験をしていないのでは??

血栓でそれが脳にも影響
それで多くの人が死んでいる
この注射で、自分の身体がスパイクタンパクを作ってしまう
自分自身を攻撃するかも・・・

ワクチンはコロナよりもはるかに危険!!!
コロナは風邪にすぎないと多くの専門家が言っていた
WHOもコロナは危険ではないと公式に発表している

かなり乱雑な概要ですみません。
大事なことは、いずれ国際裁判になるということです。
彼らがずっと権力が持ち続ければ、裁判はうまくいかないかもしれませんが、彼らの不正、汚職が暴露されているので、
彼らの権力は続かないはず。
ファウチの過去の悪事は次々と暴露されています。
その場合、うまくいくはず。
また、職場でワクチンを強要されたら
辞職しましょう。仕事よりも命を選んでください

(ここから佐野さんの言葉)
以上が博士の話です。
インタビューに答えたものです。
英語を直訳していったので、しかも、概要ですので、丁寧な文章でなくて、すみません。
***ここまで

アメリカ上院「コロナは嘘」と公式に発表/新ニュルンベルク裁判について

アメリカ上院が「コロナは嘘だ!」と公式に発表した。
今日(アメリカ14日)はアリゾナ投票監査の発表予定日だし、
大きな流れが来ている!

大きな流れといえば、
当ブログで取り上げた新ニュルンベルク裁判もそのひとつと言える。
翻訳家の佐野美代子さんが新ニュルンベルク裁判について、
ご自身のブログで書かれているのでシェアさせていただきます

人体実験であるコロナワクチン推進、注射、強制した者は国際法では死刑です。
職場等で接種を強要したり圧力をかけた場合も、
裁判の対象になる可能性があると知っておきましょう。

以下は、佐野さんのブログより転載させていただきました。

***ここから

ニュールンベルグ綱領に違反すれば、死刑となります
NEW!2021-06-14 21:00:13

「ュルンベルク裁判2021について」

ニュルンベルク裁判は、
第二次世界大戦で、ナチスが人体実験して、
人道上の罪で裁かれ、死刑になった裁判です。
現在の「ワクチンも人体実験」なので、ナチスと同罪と言うことで告訴されました。
ワクチンは動物実験で失敗しています。
(フムフムより・全頭が死んだ為、動物の実験は打ち切りに。それを人に接種中。)

ライナー ・フェルミツヒ博士率いる
ドイツ弁護士1000人以上、医学専門家10,000人以上の
巨大なチームが起訴したのです。
CDC、WHOやダボス会議を(国際刑法第7条)人道上の罪で起訴したそうです。
・合併症の死亡をコロナ死とさせる間違った診断書を医師に書かせること
・PCRテストは、病原体を検出されるために設計されたものではなく、35サイクルでは誤診断になる。PCRテストは37から45のサイクルに設定されている。CDCは28サイクル以上のテストでは正確な陽性と判断できないと認めている。
・欠陥のある検査と不正な死亡証明書を作った。
・実験的なワクチンを使用させた。

ニュールンベルグ綱領には十個の項目がありますが、
5番目に、
「死亡または身体障害を負う傷害が発生すると信じうる先験的な理由がある場合、
実験を実施してはならない。」
と言うのがあります。
すでに死者が世界中で多く出ています。すでに違反していますね!!!

弁護士ライナー・フェルミッヒ博士は、米独で起訴弁護士歴26年。
ドイツ銀行やフォルクスワーゲンの腐敗訴訟に勝利。
ドイツ・コロナウィルス調査委員会委員。国際的に専門家を尋問する。

危険なワクチンを強要すると(職場で圧力をかけるのも)
日本人も裁判になるでしょう。
情報源
Background to the new Nuremberg Trials 2021 :
A large team of more than 1,000 lawyers and over 10,000 medical experts, led by Dr. Reiner Fuellmich, has initiated legal proceedings against the CDC, WHO and the Davos Group for crimes against humanity.
Fuellmich and his team present the incorrect PCR test and the order for doctors to describe any comorbidity death as a Covid death ? as fraud.
The PCR test was never designed to detect pathogens and is 100% inaccurate at 35 cycles. All PCR tests monitored by the CDC are set at 37 to 45 cycles. The CDC acknowledges that tests over 28 cycles are not allowed for a positive reliable result.

PCRテストの話から、
コロナの陽性という診断の90%以上が不正確であることが証明された。
また、偽のコロナによる死亡診断書。
ワクチンが実験であると言うことで。
ジュネーブ協定(諸条約)32条に違反している。
人に対して人体実験をすることは条約に違反する。
実験的なワクチンはニューレンブルグ綱領に違反しています。
つまり、その国際法に違反する人、違反しようとする人は死刑になる。
This invalidates over 90% of the alleged Covid cases / “infections” detected by the use of this incorrect test.
In addition to the incorrect tests and fraudulent death certificates, the “experimental” vaccine itself violates Article 32 of the Geneva Convention.
Under Article 32 of the 1949 Geneva Convention, “mutilation and medical or scientific experiments not required for the medical treatment of a protected person” are prohibited.
According to Article 147, conducting biological experiments on protected persons is a serious breach of the Convention.
The “experimental” vaccine violates all 10 Nuremberg codes ? which carry the death penalty for those who try to break these international laws. 
ということが書いてあります。
告訴は事実のようだし、
ニューレンブルグ綱領も実在するので、裁判が起きるのは時間の問題でしょう。

***ここまで

「空の旅をすると血栓が生じる恐れがあるためワクチン接種者は空の旅を禁止されるかもしれません。」ロシアとスペインの航空会社が警告しています

以下はシェアまで
***ここから転載

Permanent Link to Vaksinnated banned from air travel in Russia and Spain due to blood clots

たった今、このような情報を受け取りました。庶民を飛行機に乗せないというかなり興味深い内容です。
どのような庶民かというと、ワクチンを接種した人々です。
血栓と空の旅について知るべきことです。
我々は円を一周して元の位置に戻りました。

スペインとロシアの航空会社はワクチンを接種した人は旅行(空の旅)をすべきではないと警告しています。
COVIDワクチンを接種した人は飛行機に乗れなくなる恐れがあります。

現在、ロシアのネット上のニュースサイトで、COVIDワクチンを接種した人は高度1マイル(1600m)の環境で血栓が生じる危険性があるため、飛行機に乗れなくなる可能性があると伝える記事が複数掲載されています。

スペインでも同様の内容の記事が掲載されています。ワクチンを接種した人は空の旅が禁止されるようになるかもしれないという懸念が提起されました。
***ここまで

心ある医師・議員が立ち上がっています

新型コロナワクチンの接種中止を求め、
高橋 徳医師をはじめとした専門家が、
政府への意見書の提出に動いています。

ともに協力する現役の医師・歯科医・議員を募り、
相当数の同意が集まった時点で記者会見を開き、
日本政府に「ワクチン接種中止」の意見書を提出するそうです。

このような動きがあることを周知し、
心ある医師、歯科医、議員の方々を民意で後押しするために、
拡散お願いします。

以下は、
ワクチン接種中止を求める根拠のデータを含む意見書の内容と、
同意される医師、歯科医、議員の方のための入力フォームのリンクです。
(医師、歯科医、議員以外の方は対象外です)

***ここから

 発起人:高橋徳(クリニック徳院長・ウイスコンシン医科大学名誉教授) 
 池田としえ(日野市議会議員)
 谷本誠一(呉市議会議員) 

同意フォーム『新型コロナワクチン接種中止の意見書』

https://bit.ly/3vYneKP

厚労省はHPで新型コロナウイルスの無症状感染の可能性を指摘しています(1)。
しかしながら、厚労省がその根拠とする台湾からの論文(2)には、
無症状感染の確率は0.4%であると報告されています。
無症状感染の確率は皆無であるとの報告もあります(3)。したがって、無症状の新型コロナウイルス感染者と濃厚接触しても、感染しない確率は99.6%以上です。

70歳以下の年齢層において、
新型コロナウイルス感染症による死亡率は、0% (30代以下)、
0.1% (40代)、
0.1% (50代)、
0.7% (60代) 、
3.2% (70代) 、
11.1% (80代以上) です(4)。
このように死亡率がごく低いにもかかわらず、国民全員に対してのワクチン接種には大きな疑問があります。

平成30年、5,250万人の日本国民がインフルエンザワクチンの接種を受け、3名の死者が報告されています(5)。
現在まで、1,000万人弱の日本国民がコロナワクチンの接種をうけていますが、
すでに接種後85名の死亡例が確認されています(6)。
若年層(50歳以下)の死者も10名(12%)存在します。

以上の事実から、コロナのワクチン接種は、中止すべきと考えます。

参考文献
1 https://bit.ly/3i8xEU3
2 https://bit.ly/2Rc2os6
3 https://bit.ly/2S5YEJ3
4 https://bit.ly/34IY8Uj
5 https://bit.ly/3fFkKv6
6 https://bit.ly/3caN2LD

この意見書に同意していただける医師・歯科医・議員を募っています。相当数の同意が集まった時点で記者会見を開き、日本政府に「ワクチン接種中止」の意見書を提出する予定です。
 発起人:高橋徳(クリニック徳院長・ウイスコンシン医科大学名誉教授) 
 池田としえ(日野市議会議員)
 谷本誠一(呉市議会議員) 
***ここまで

「’89」橋本 治・著

私の住む集合住宅のエレベーターは今年新しくなって、
液晶モニターに「今日は何の日」と表示されるのだが、
きょう買い物に出かけた母は、
〔今日は「虫の日」だったよ~〕と教えてくれて、
あ、6月4日だもんね!と笑いあったのだが、
今日で天安門事件から32年になると気づき、
虫の日とか表示してんじゃねーよと思う。

天安門事件の時、私は専門学校を卒業し社会人になったばかりで、
同世代の中国の学生たちが犠牲になったことに胸を痛めた。
あの、戦車の前に、手を広げて立ちはだかった男性はどうなったのだろう。
たしか、戦車の中にいたのは、若い軍人達だったはず。
32年たったけど、思い出すと胸がキュッとなる。
12年前に天安門広場に行ったことがあった。
観光客がいっぱいで、平和でのどかな光景だったので、
すっかり事件のことは忘れていたけど。
案内してくれた人に「ここの路面はすごく頑強にできている」と聞いて、
あ、戦車…と思い出して、小さく手を合わせて祈った。

前置きが長くなったけど、
天安門事件があった1989年は、
世界も日本もいろいろあったとんでもない年で、
そんな一年を総括した橋本治の時事コラム集「89」は、
転載・橋本治の数ある名著のひとつ。
初版本はタウンページくらい分厚い本で、
装丁のデザインはシンプルかつセンスよく、中の印字が赤だった。
コロナで世界が揺れる今、橋本治が生きていたら何と書くのか。

内容(「BOOK」データベースより)
昭和が終わり、天安門事件が起こり、リクルート事件がピークを迎え、
美空ひばりが死亡し、東西の壁が崩壊し、宮崎勤事件が発覚した一九八九年。
さまざまな時代の亀裂を見せたこのとんでもない一年に真向からぶつかり、
体を張ってラジカルに問いかけ、問題の中心をひっぱり出す。
“いま”という歴史をどう読み解くかを
すべての人に示してくれる恐るべき89年の総括。 

・「’89」
橋本 治/河出書房
現在は上下巻の河出文庫

英国の感動的な大いなる目覚め!!!(拡散ください)

翻訳家の佐野美代子さんのyou tubeチャンネルで、
英国の市民による、
100万人以上の大規模デモ行進の様子がシェアされています。
私は目が見えないので音声だけですが、
フリーダム!の大コールには胸が熱くなりました。
アメリカやドイツ、スイス、イタリアでは大規模集会が行われており、
真実に目覚めた人が増えています。
マスコミ鵜呑み度がダントツの世界一、
世界で最も目覚めが遅れている日本が悲しくなります。
日本人の真実への目覚めが、今後の世界を左右するのです。

以下は、英国の市民デモの動画と、
佐野さんの文章です。
you tubeの検閲回避のために、佐野さんが当て字にされている箇所は
フムフムが補足しました。

英国の感動的な大いなる目覚め!!!(拡散ください) – YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=QfbV3WS6swU

***ここから佐野さんによる文章

英国の人々が立ち上がりました。
正義の完全勝利!!! 
5月29日、100万人以上の人々が自由を求めてデモ行進。 
ロックダウン、枠ちゃん(ワクチンのこと)、不正目出ィア(メディア)、
腐敗した医薬業界や政府への抗議です。 
新しい世界にいち早く行きましたね!!!! 
流石に英国です。 デイビッドアイクも出てきています。 
また、紙おむつ(マスクのこと)はつけていないです。 
(この人たちは目覚めているので、
誰も枠ちゃん(ワクチンのこと)は摂取していないはずです) 
シェア、アップロードしてくださいとあったのでご紹介しています。 
ぜひ、拡散ください。 
日本は目覚めが相当遅れています。 
緊急放送を待つのではなく、一人一人が立ち上がらないとダメなのです。 
それを欧州は見せてくれています。 
WWG 1WGA 
さあ、勇気を出して、真実を伝えましょう。 
また、紙おむつは外して、目覚めのための行動をしましょう。  
元動画です。 

https://youtu.be/Hb0Gjb-_wSU 光の戦士の皆様 いつもありがとうございます。