カテゴリー別アーカイブ: psychology

*再掲・加筆あり*「共感疲れ」を考えてみる

(2017年の記事を加筆し再掲します)

***ここから
東日本大震災から「共感疲れ」が知られるようになった。
自分が直接に被災したのではないのに、
被災された方の痛みや悲しみを自分のことのように感じて、
心や身体に不調がでる現象だ。

長いあいだ、共感する感性が大切にされてきた日本の社会では、
「感じる能力」が備わっている人も多く、共感疲れをおこしやすいという。
(ちなみに、共感力が要る職業のひとつであるカウンセラーやセラピストは、
この共感疲れを防ぐ技術を身につけます)

毎日のように、事件や災害の映像を目にする社会に生きている私たち。
自分の心のなかに「幼い子」がいることをイメージしてほしい。
私たちが映像を見て平気でも、心のなかの幼い子はどうだろうか?
幼い子は「今おきていること」と「過去おきたこと」は区別できるだろうか?
また、「ここでおきたこと」と「遠くでおきたこと」の区別は?
それから、「自分におきたこと」と「他人におきたこと」の区別もどうだろうか?

まるで幼い子のような自分の無意識は、
今と過去、ココとソコ、自分と他人の区別がはっきりしていない。

たとえば、こういい聞かせるのもいいだろう。
「過去に遠いところで起きたことで、自分に直接あったことではないんだよ。
この痛みや悲しみは自分ではないんだ」と、
他と自己の区別をつけてあげるのだ。
そして、心を「いま・ここ・自分」に戻して、
ほら、安全でしょ?と落ち着かせてあげよう。

もし、理由の分からない疲れを感じている人がいたら、
テレビやネットニュースから距離を置いて、
自分の心と身体をケアする時間を持とう。
じゃあ、事件や災害のニュースから距離を置けない環境だったら?
スピリチュアルな精神科医で有名な越智啓子先生が、
2011年のメルマガで、たしか、こんな風にアドバイスされていた。
記憶を辿って書いてみるので、参考にしてみてください。

見るのが辛いのに、災害のニュースと距離が取れない時は、
復興や再生が現実化するイメージを持って、
被災された方(物)や、支援している人々に向けて、
祈りを送りながらニュースに接してみましょう。
祈りは相手に届くだけではなく、自分をも守ってくれます。
(おわり)

考え方を変えると身体はどう対応するの?/ストレスと上手くつきあう

私が出かける準備を始めると、のんびりしていたサンダーはそれに気がつく。
ンーと伸びをしたり、ブルルと振るえたり、ちょこまか動いたり、
ピッチに走り出す直前のサッカー選手みたい。
アッシは準備万端ですぜ!って様子が可愛い。

昔からすぐに緊張しちゃう自分を、「嫌だなぁ」と私はずっと思っていた。
胸がドキドキしたり、呼吸が速くなったり、顔が赤くなったり。
そんな反応を、私は悪いことだと思っていた。
(検査もしたし、お年頃のせいでもない。昔からあったからね。)

ある時、こんな見方を知った。
胸がどきどきするのは、身体に血やパワーを送り、行動に備えているから。
呼吸が速くなるのは、脳により多くの酸素を送ろうとしてるから。
ドキドキもハアハアも、身体にエネルギーをチャージしていて、
チャレンジに立ち向かう「自分を助けてくれる反応」と考えてみたらどうなる?
へぇ~、勇気が出ている証ってこと?
目からウロコが落ちた。

考え方を変えると、ストレスに身体はどう対応するのか?
とても興味深い、ハーバード大学の研究がある。
通常、ストレスを感じると、
心拍数が上がり、血管も収縮し、長年続くと心臓病のリスクがある。
そこで、社会的ストレス実験をする前、被験者にこう伝える。
胸がドキドキしたり呼吸が速くなっても、それは悪いことではない、と。
自分を助けてくれる有難いものなのだと考えるように指示をした。
すると、被験者はストレスを感じてもより少なく感じていて、
そして自信を持ち、血管はリラックスしていた。
楽しい時や、勇気が出ている時と同じ状態が現れたのだ。

こんな新しい研究報告もある。
アメリカ人3万人を8年追跡調査をしたところ、
ストレスを感じていて、それは健康に良くないと信じていた人の死亡率が高く、
ストレスを感じていても、悪いことだと考えていなかった人の死亡率は低かった。
寿命が縮まったのは、ストレスのせいではなく、
ストレスが健康に良くないと信じていたことによると、研究チームは考えている
(心理学者ケリー・マクゴニガルの講義「ストレスを友達にする方法」より)
…考え方が変わると、体も変わるんだなぁ。

ところで、私はドキドキとハアハアは今も感じるけれども、
ピッチに出るイレブンのように、サンダーのように、
アタシはチャレンジに準備万端なの、と思えるようになった。
(さ、出かけよっと)

言い表す言葉

語彙というか、言い表す言葉が乏しかった、若い頃の話。
その頃の私は、何かとだるさや疲れを感じていたのだけれど、
あるとき気がついた。

このだるさは、だるさと言うよりは、
「身体が緩んでる」じゃないの?
そういえば、なにか一仕事終えた後とか、済んだな終わったなって時にだわ。
これは、気が抜けたとか、安堵したとか、ホッっとしてるんだ…。
そう気がついたら、同じ身体の感じでも、
「ちょっといいな」に変わったことを憶えている。
そして、そうだったのか!なーんだ、と過去形で思った。

「そうだったのか」と過去形で
プラス「同じ感じなのに、捉え方が変わった」がセットになった気づきを
心理学で一致と言うのだけれど、
これ、言い表す言葉が増えていくと加速していくのでした。
(そういえば、だるいが口癖だったモン)

優しくしたい 優しくされたい/ストレスと上手くつきあう

幸せホルモンとか、愛情ホルモンなんて呼ばれることもあるオキシトシン。
この脳内ホルモンは、人や動物との触れあいで分泌されることが知られている。
このオキシトシンの素敵なところは、優しくされた側、優しくした側、
どっちにもジワーーと穏やかな幸せ感が続くこと。
このジワーで、心が安らぐようになったり、
ストレスで傷付いた心臓が元気になったりする。

オキシトシンは、ストレスから心と身体を守り、健やかに保つ働きがあるけれど、
実は、ストレスホルモンのひとつなのだとか。
ん? 一体どういうことなのか?

オキシトシンは、ストレスのかかった時に分泌され、
優しくしたい、優しくされたいという思いになる。
さびしいとか、分かってほしいなとかもね。
つまり、ストレスがかかった時は、
人に助けを求めたり、人を助けるよう仕向けているってこと。
そこで、人に優しくしたりされたりを実行すると、
よりオキシトシンの働きが強まっていく。
じゃあ、どうしたらいいのかと言えば、こんな身近な日常だ。

ストレスを感じている時、
家族や友人と、穏やかな時間を過ごしたり、
人に話を聴いてもらったり、話を聴いてあげたり、
見知らぬ人に小さな親切をしたり。
犬や猫のペットを可愛がったり。
セルフマッサージもいいね。自分に優しく接してみよう。

先に、オキシトシンはストレスホルモンのひとつだよ、と書いた。
一見マイナスに思えるストレスだけれども、
自分や他人に優しくなったり、助け合ったり、それで心と身体が健やかになる。
悪者だとばかり思っていたストレスが、友達みたいに思えてくるね。

もっと深いところ/皮膚は感情のセンサー?②

肌に合う、肌に合わない、という言葉がある。
なんか気が合うんだとか、これ向いてるとか、ちょっといい感じとか、
理屈をこえて「そうかも」と思える、皮膚感覚ってあるものだ。
頭で考えても、理屈で選ぼうとしても答えが出ない時は、
この皮膚感覚がヒントになる。

人なら接してみて、場所なら立ってみて、何かやってみて、
物なら触って、服なら着てみて「しっくりくる」感覚。

それでもモヤモヤするんだよなーという場合は、
皮膚感覚より深いところがヒントにもなる。
ストンと腑に落ちる、という言葉があるように、
体の内側、「内臓感覚」に聞いてみよう!
(そんな心理療法があるんです)

皮膚は感情のセンサー?①

その場の雰囲気やムードのようなものを、まっ先に捉えるのは皮膚。
ピリピリした空気とか、張りつめた空気なんて言うね。
怖さや驚きにブルブルしたり、
緊張感や感動にゾワゾワしたり。
ちなみに、怖いからブルブルしたのではなく、
ブルブルきた→怖い、という順序が正しい。
無意識な感情とも言える身体の感覚が、意識できる感情に変換されるってこと。

皮膚感覚のセンサーの目盛が「強」の人や、
なんか場に呑まれそうだなと思ったときには、
自分の手の甲や腕を優しくゆっくりとさすってみたり、
自分で自分をハグしてみよう(イメージでもいい)
肌の感覚が緩んで、身体の芯もほっとするよ。
(深呼吸もいいね)

まっさらな目と耳で

「あなたは犬派? 猫派?」の可愛い論争は微笑ましい。
性格とか恋愛タイプとか、
犬と猫、どちらが好きかで分かる、なんていう説もあったりして、
へー、そうなんだと納得したり、
そうでもないよと思ったり、
ほんと、話のネタとして楽しい。

でも、意味付けが過ぎると、とたんに変なことになる。
「あなた猫を飼っているんですか、あなたの性格は云々」と、
たとえば、さほど知らない人に決めつけられたとしたら?
(もう、いいや。どうでも)と心の扉を閉めたくなる。

ときに意味付けは役にたつけれど、それをちょっと脇に置いて、
いつだって、まっさらな目と耳で向かい合いたいものだ。
(家族とか近い関係ほど、ね。自分自身にも)

「共感疲れ」を考えてみる

東日本大震災から「共感疲れ」が知られるようになった。
自分が直接に被災したのではないのに、
被災した方の痛みや悲しみを感じて、心や身体に不調がでる現象だ。
長いあいだ、共感する感性が大切にされてきた日本の社会では、
「感じる能力」が備わっている人も多く、共感疲れをおこしやすいという。
(ちなみに、共感力が要る職業のひとつであるカウンセラーやセラピストは、
この共感疲れを防ぐためのトレーニングを受けます)

毎日のように、事件や災害の映像を目にする社会に生きている私たち。
自分の心のなかに「幼い子」がいることをイメージしてほしい。
私たちが映像を見て平気でも、心のなかの幼い子はどうだろうか?
幼い子は「今おきていること」と「過去おきたこと」は区別できるだろうか?
また、「ここでおきたこと」と「遠くでおきたこと」の区別は?
それから、「自分におきたこと」と「他人におきたこと」の区別もどうだろうか?

まるで幼い子のような自分の無意識は、
今と過去、ココとソコ、自分と他人の区別がはっきりしていない。
たとえば、こんな風に言い聞かせて区別をしてあげてもいい。
「過去に遠いところでおきたことで、自分に直接あったことではないんだよ」と。
そして、心を「いま・ここ・自分」に戻して、
ほら、安全でしょ?と落ち着かせてあげよう。

もし、理由の分からない疲れを感じている人がいたら、
試しにテレビやネットニュースから一か月ほど距離を置いてみては?

*春期生の募集中です* 日本カウンセラー学院 名古屋サテライト校

カウンセリングを学ぶことは、コミュニケーションを学ぶこと。
そう私の恩師である内海早織先生は言う。

意外に思われるかもしれないけれど、
はじめからコミュニケーションが得意な人や、
はじめから人付き合いが上手な人がカウンセラーを目指すわけでもない。

私も含め、私の知るカウンセラー達は、
それまでの人生で、コミュニケーションが苦手だったり、自信がなかったり、
人づきあいに何かしらつまづいた経験を持つ人ばかりだった。
とても素晴らしいことに、だからこそ、
カウンセリングを学ぶこと、学び続けることに大きな価値がある。

コミュニケーションは、自分以外の誰かとするもの。
そして、自分自身ともするもの。
自分自身とどう付き合うかは、実は人生の鍵になる。

***(内海早織先生のホームページより抜粋)
講義は、2017年4月22日(土) スタート 
隔週(2週間に1回)土曜日13:30~17:45
1コマ2時間の講義を、1日2コマのコースとなっています
計40コマの講義(専修科)を修了し、
資格取得のための試験を受けることが可能です

当オフィス(*内海先生のカウンセリングルーム)の入るビルの1階会議室にて開講
国際センター駅3番出口すぐ、名古屋駅からは徒歩10分の場所です

*詳細は、日本カウンセラー学院のHPをご覧ください
まずは、東京日本橋本校へお気軽にお問合せ下さい。

担当講師 内海早織(ピースフルマインド・オーシャン代表 心理カウンセラー)

*名古屋サテライト校│日本カウンセラー学院

https://www.therapy.jp/gakuin/campus/detail-nagoya/

*ピースフルマインド・オーシャン

http://peaceful-mind-ocean.com/top

「そのまんま」の鏡

自分は匂いにはうるさい人なんです。
そう語る人の指先に、タバコと缶コーヒーがあって、
ムズムズするような、なんだか困ってしまったことが若い頃にあった。
こういう人、愛すべき人って言うのだろうなぁと思いながら、
まるで私の姿を見るようでムズムズしたのだった。

自分のことは、なかなか自分では気がつかないけれど、
他の人の姿を見て、自分を知ることがあるものだ。
こりゃ自分だ!と、イテテテテ!となったり、
反対に、自分が探していた何か美しい物に気がついたり。

良くも悪くも映し出す鏡は、他の人にとって自分もそうなのだけど、
じゃあ、お利口にしよう、とか、
ワルぶってみようか、とか、
なにも取り繕う必要はなくて、
「そのまんま」が、誰かにとって気づきの鏡になったりするものなのでした。
(愛すべき人って、そういうところがあるよなぁ)