カテゴリー別アーカイブ: 世界の真実

サウス・ウエスト航空の社長「ワクチン強制やめる」と発表 パイロットら抗議で業務ボイコット、大規模な欠航と遅延生じ/奪われた自由は戻らないと知っているかいないかの違い

サウス・ウエスト航空の社長は、
「社員へのワクチン強制はやめる」と発表しました。

サウス・ウエスト航空は全社員へのワクチンを強制していましたが、
あまりに多くのパイロットや客室乗務員らが抗議のため出勤せず、
その結果、大規模な欠航と遅延が出ていました。
みんなで立ち上がれば会社を動かせるということです!

欧米、とくにアメリカ国民は、
「理不尽だ」と思ったことには言葉にしたり行動に移す、と聞いたことがあります。
自由を民衆が勝ち取ってきた歴史があり、
自由を失うともう戻ってこないことを知っているからでしょう。
だからこそ、自由と人権を重視する欧米人は、
支配者層にとっては面倒で手ごわい人種であり、
欧米人をターゲットにデザインされたのがコロナウイルスと言われています。

実際に中国や日本などアジアでは、コロナ死者が欧米ほど多くはありません。
中国人や日本人は大昔から圧政を受けていたので、
支配に従順で文句も言えず「奴隷向き」だと分析されています。
同調圧力に弱いのも奴隷の特徴で、
支配者にとって自由や人権を奪うのは、赤子の手をひねるようなものでしょう。

ヒトラーは「民衆に分からないように少しづつ自由を削っていけ。
民衆が気づいた時には、もうほとんど奪えている」と言いました。
自由が奪われていることに気づいてたたかう欧米、
そもそも自由が何か分からないので、自由を奪われていることに気づかない日本…。
うーむ…。
しかし、自由はすこしずつ削れって、チーズじゃないんだから。

というわけで、
このような海外のプロテストのニュースを知るたびに、
アタシの前世は圧倒的に欧米だろ!と思うのでした。

パイロットへのワクチンの強制をやめました | 佐野美代子オフィシャルブログ「ザ シークレット 宇宙の真理」Powered by Ameba

https://ameblo.jp/sano-miyoko/entry-12703952414.html

偶然?欠航相次ぐ米航空会社、ユナイテッド航空は全機地上停止!

本日3本目です。
サウス・ウエスト、デルタ、アメリカンの大規模欠航と遅延が相次ぐなか、
なんと、ユナイテッド航空は全米で全機が地上停止!
どうやらユナイテッド航空の全機停止はシステムのブラックアウトらしいけど、
アメリカ、何かが起きてる?

ユナイテッド航空-全機地上停止 : 黄色いベストと日本・世界革命

http://kaikaku33.blog.jp/archives/27222872.html

アメリカン航空も?!サウス・ウエスト・デルタに続きアメリカン航空でも欠航と遅延

本日2本目になります。
サウス・ウエスト航空とデルタ航空の欠航、遅延が相次いでいますが、
アメリカン航空も216件が欠航、519件の遅延が出ているそうです。
米国の航空各社は、パイロット、客室乗務員や地上勤務員にワクチン強制しており、
相次ぐ大規模な欠航と遅延は、
強制接種に抗議し業務をボイコットしているものとの見方が有力のようです。

***ここから転載

アメリカン エアラインも216件のキャンセル!!
NEW!2021-10-14 12:30:15

アメリカン・エアラインも本日216件のキャンセル、
519件の遅延が出ています。
昨日は19件のキャンセルがありました。
どうやらアメリカン・エアラインも仲間に入ったようです。
ワクチンの強制に、パイロットやCAが対抗しているものと思われます。 目覚めが加速していますね!!!

***転載ここまで

「ワクチンを接種したパイロットが死亡、緊急着陸など サウス・ウエスト航空やデルタ航空は大混乱!!」

翻訳家の佐野美代子さんのブログより転載させていただきます。
英・ブリティッシュ航空では、
一週間に3名のパイロットが死亡していましたが、
ついに、米・デルタ航空のパイロットが操縦中に死亡しました。
(当ブログ記事「空の旅をすると血栓が生じる恐れがあるためワクチン接種者は空の旅を禁止されるかもしれません。」ロシアとスペインの航空会社が警告しています」もご覧ください)

***ここから転載

「ワクチンを接種したパイロットが死亡、緊急着陸など サウス・ウエスト航空やデルタ航空は大混乱!!」
NEW!2021-10-13 23:10:46

サウス・ウェスト・エアラインは、
土曜日と日曜日で2100のフライト(全体の4分の1)をキャンセルしました。
サウス・ウェスト・航空は、 天候や 航空管制塔のせいにしました。
しかし、他の航空会社のキャンセルは無いので、そんなはずはありません。
また、航空管制塔の問題でもありません。

サウスウェスト航空は先週、すべての職員に、
「ワクチンを強制する」と発表していました。
(そのせいかもしれないですね)
o1236070415015475859この画像をシェアの プッシュボタン

デルタ航空の パイロットが飛行中に死亡しました。
そのキャプテン(操縦士)は元気で普通に会話もできていたとキャビンアテンダントが話しています。
しかし、突然、何か変わったことをつぶやいて亡くなったそうです。
その飛行機は緊急着陸をしました。
被害もなく、安全にきたので良かったです。
副操縦士の話では、フライトの数日前に、キャプテンは2回目のワクチン 接種を完了したばかり。

これは、今までも報道していましたけれども、実際に知られているよりも、空では大混乱が起きています。
フライト中に、30歳の男性乗客が呼吸困難になりました。
シアトル発のパイロットはフロリダの自宅で亡くなっていました。
多くのパイロットやキャビンアテンダントが、ワクチンを接種してから 職場に戻っていません。
アトランタのキャビン・アテンダントが、ワクチンを接種してから2名死亡しました。
ワクチンを接種したパイロットが腎臓が悪くなり、死亡しています。
J&Jのワクチン接種した49歳の健康な指導的な職員も亡くなっています。

こういう航空会社は危険性について考えるべきです。
メディアが全く報道しないのですね〜
むしろ揉み消しています。
今は、フライトアテンダントから、多くの同僚がフライト中に気分悪くなっていると話しています。
o1260063015015476040この画像をシェアの プッシュボタン

サウスウェスト航空会社のパイロットは、訴訟を会社に対して起こしているということです。
パイロットやフライトアテンダントだけでなく、空港の職員全員(管制塔、通関、荷物検査、お掃除係など)が感謝祭までにワクチン接種を強制されています。
ユナイテッド航空はワクチンを接種しない職員は全て解雇しました。
これはいずれ全てのアメリカ人に適用されますね
ワクチンを 接種していないと飛行機に乗れないと。
しかも、1回だけではなく、2回目も、そして、ブースターも強制になるでしょう。

パイロットは6ヶ月おきに、厳密は身体検査を受けていて、とても健康です。そんなに簡単に亡くならないですよね。
以上が、ざっと、動画で話している内容です。

Sources: VAXXED Delta Pilot DIES IN-FLIGHT, Emergency Landing RequiredThe Stew Peters Showwww.redvoicemedia.com

これは、実は、アメリカ・フロントライン・ドクターズが、かなり前から、問題視していたことですね。

***転載ここまで

75年前のニュルンベルク裁判のファイルがデジタル化されネット上で公開!このタイミングって意味深だわ

きのうブログにアップしたけど、
東京地裁でのワクチン訴訟を傍聴した方の傍聴記を読んで、
この裁判での裁判長と係官の尋常ではないふるまいを知ったわけだけど、
「やっぱり日本の司法は腐ってた」と、アタシはいまさら驚かない。
いかに腐敗してるのかを見せてもらったし、
目が覚める人が増えるのではないかしら?

コロナワクチンがはじまってからの日本の超過死亡数が凄まじい。
台湾では、ワクチン死がコロナ死を上回った。
接種が先行しているヨーロッパのテレビ報道によると、
接種した親から奇形児が生まれているという。
悲しいことだけど、私たちは現実を目の当たりにしないと目が覚めないのかもしれない。

さて、世界中で最後の目覚ましベルが鳴る現在、
75年前のニュルンベルク裁判のファイルがデジタル化されネット公開された。
歴史的な裁判の貴重な資料が誰でも閲覧可能に。
わぁ!今このタイミングで?!すごくない?!

ニュルンベルク裁判とは、ナチスの戦争犯罪を裁いたもので、
この裁判で用いられたのがニュルンベルク綱領であり、
コロナワクチンは、ニュルンベルク綱領の10項目すべてに違反しているのでした。
そして、75年後の今、
第二のニュルンベルク裁判がはじまろうとしている。

それって戦争裁判でしょ?っと思うかもしれないけど、
いま進行中なのは新しいかたちの戦争なのよ、
米・最高裁は、「このワクチンはワクチンではない。
危険な生物兵器であり、全力で回避すべき」と判決を下しました。
日本の訴訟も最高裁までいかないといけないのかなぁ。
それまでに日本人の存続が間に合えばいいんだけど。

さて、ニュルンベルク裁判のファイルのデジタル化について、
人気ブロガー、ありすママさんの記事が詳しいので転載させていただきます。

***ここから転載

『ニュルンベルク裁判のファイルがデジタル化!誰でも閲覧できる!』
ありすママの東大に行ける子を育てる親学

【ニュルンベルク裁判】
キャー!この時にニュルンベルク裁判が!
ナント、ファイルをデジタル化!
しかも、誰でも閲覧できる!

今や、緊急停止措置命令が発動されて、
世界中のコロナを煽り、
ワクチン接種に関わった人たちに
命令書が送付されているんです

この命令書には、
コロナやワクチンの犯罪を裁く法律の一つに
『ニュルンベルク綱領』があります

このニュルンベルク綱領によって行われた
ニュルンベルク裁判の5,215個のファイルをデジタル化した、というのです

これはスタンフォード大学が、
ニュルンベルク裁判75周年である今年、
デジタル化してオンライン公開した!

デジタル化には20年かかったそうです

文書はハーグの国際司法裁判所によって
提供された。
ワシントンの米国ホロコースト
記念博物館は、文書をデジタル化をした。
スタンフォード大学は、テキスト認識を
使用してファイルを検索可能にした。

「ニュルンベルクの国際軍事法廷(IMT)のタウベアーカイブ(1945-1946)」
という名前で閲覧できるそうですが、
ファイルの約3分の2はドイツ語です

また75年前のニュルンベルクから
復元されたオーディオ録音も
含まれているから凄い!

この研究グループはさらに、
1,000時間のオーディオと6時間のフィルム素材を追加することを計画している
そうですから、ますますニュルンベルク裁判が明かされていきますね!

何が凄いのかというと

今後トランプ陣営による
コロナやワクチンに関わった人たちの
逮捕、処刑が、このニュルンベルク裁判に
基づいているので、この裁判が
今のこの時にデジタル化され公開された
ことが、凄いと思います!

(中略)

Files of the Nuremberg Trials published onlineOn the 75th anniversary of the Nuremberg trial of the major war criminals of World War II, Stanford University digitized the historical files of this trial and made them publicly …www.disclose.tv

ここからニュルンベルク裁判の閲覧ができます??
↓ ↓
Taube Archive of the International Military Tribunal (IMT) at Nuremberg (1945-1946)exhibits.stanford.edu

***転載ここまで

これはひどい…日本は法治国家なの?きょうの裁判の真実です拡散ください

本日2本目の記事です。
きょうのコロナワクチン裁判を傍聴された方のレポートになります。

『武漢ウイルスワクチン特例承認取消等請求事件』
【第一回口頭弁論】10月12日(火)13:30~東京地裁703号法廷

26席しかなかった傍聴席にいた1人です
「コロナワクチン特例承認取り消しを求める裁判」
法廷内の出来事、法定外の雰囲気、その後の記者会見
最初から最後までこの目で見てきました

今回の裁判のことを報じたメディア記事はどれも
「ノーマスク集団」がどうこうと書いていますが
話題をそらし問題を矮小化している報道だと思います
もはや「ノーマスク云々」などどうでもいいこと
世界の多くの国はすでにほとんどノーマスクです
2年近くほとんど誰も死んでない病気に対して
感染予防効果のないマスクをいつまでも着けている日本の方がおかしいのです

ノーマスクの集団が大挙して押し寄せ、裁判所が混乱した、
みたいな書き方もされていますが、明らかにフェイクニュースです

裁判所の入り口では、複数の警備員に持ち物チェックはされますが
マスクの有無は「一言も」「ただの一言も」誰もなにも言われませんでした
法廷内では裁判長からマスクについて一言だけ話がありました
「裁判所として感染対策に取り組んでいるので、任意で、マスクの着用をお願いしたい」
という言い方でした
原告側の木原弁護士が
「マスク着用に法的根拠はあるのですか」と質問しました
裁判官は「あくまで任意のお願い」だと再度、言いました
マスク着用に法的根拠はないと裁判長が名言したわけです
マスク着用に科学的根拠はありませんが、法的根拠もないとハッキリしました
裁判所ですらマスクを強制できないのですから
民間の私企業が客にマスクを強制するなど、尚更ありえないのです

今回の裁判は
接種後の死者、重篤な後遺症患者を大量に生んでいる「ワクチン」と呼ばれている異物注射
そんなものを国が長期安全性の確認もしないまま特例承認し、全国民に接種させようとしている
安全管理上の是非、人道上の是非を問う裁判です

この裁判は全国民に関わる一大事です
だから裁判所に入り切らない群衆が集結しました
なのに用意された傍聴席はたった26席
わざとに減らしているのかと勘ぐってしまいます

東京地裁には傍聴できなかった人たちが押し寄せ、
7階フロアの廊下は端から端まで人で密密になりました
外にも長い行列ができていました
ものすごい数の群衆、すごい光景でした
それほど注目を集めた裁判だったのです

裁判の応援に来た人は誰もマスクをしていませんでした
マスクに意味がないことを深く理解している、よく勉強している人たちばかりだからです
マスクをしようとしまいと、感染症には関係ないことを皆知っているからです
マスクは感染症蔓延の空気を作り出し、
大勢に従わせる同調圧力を醸成し、
ワクチン接種に誘導する目的で、
メディアが国民を洗脳し定着させた「ユニフォーム」に過ぎません

そもそも指定感染症2類相当の感染症など最初から流行っていません
そんなエボラやペスト並みの感染症が流行っていたら
店舗も交通機関も通常営業しないし、国会も政治家のパーティもテレビ収録もやりません
国が発表したコロナ死者は
「他の病死」も「事故死」も「寿命」も含まれる”水増し”であることはもはや常識です

今日の裁判、
僕は幸運にも26枚の傍聴券の最後の1枚をゲットしました
しかし裁判は、一瞬で強制終了してしまいました
原告側の木原弁護士による冒頭陳述は、途中で裁判長の怒声によって遮られ
木原弁護士は係官4人の腕力によって退廷させられるという、
法治国家として信じられない光景を見ました
傍聴席もざわつきました
隣の女性は嗚咽を漏らしていました
裁判長の怖い目つきは傍聴席にも向けられ
「傍聴席も発言したら退廷させる!」と怒鳴られました
マイク越しに怒鳴るのはプロレスの試合後だけだと思っていましたが
東京地裁の裁判長もやっていました

廊下にいた人の証言では、
原告側の弁護士は、係官の腕力で
法廷の廊下に「投げ飛ばされた」そうです
「顔や頭を床に打ったのではないか」と言っていた人もいました
廊下にいた人たちからは「暴力反対!」のシュプレヒコールが起こりました

冒頭陳述をしていただけの弁護士が、
裁判長から怒鳴り散らされたた挙げ句、
発言を止められ、廊下に投げ飛ばされた、
これが事実です
これが法治国家のやることでしょうか

予防接種というタテマエで行われている異物注射接種は
国をも超える大きな力で動かされています
裁判官だって取り扱いたくない事件なのでしょう
つまり国も裁判所もグルということだと感じました

裁判官は弁護士を指差し、マイクが無意味なほどの大声で怒鳴っていました
敵意、怒り、感情に満ちていました
暴力団の人みたいでした
裁判官というものはもっと淡々としゃべる職業だと思っていましたが違いました
裁判長のマスクの隙間からは飛沫もダダ漏れだったでしょう
「裁判所として感染対策に取り組んでいる」と言っていましたが
あれだけ大声で喚き散らしたら感染対策も何もないと思いました

今回のワクチンに反対している人がどういう人たちなの
知らない人に教えます
ワクチンのことをよく調べた人です
調べて知ってしまった結果、黙っておれなくなった人たちです
今回のワクチンは調べた人は打ちません
調べてない人・考えない人が打ちます

私達の戦いは、政府やメディアとの戦いであると同時に
真実に気づいていない人、気づこうとしない人を
どれだけこちらに巻き込むことができるかという戦いでもあります
陰謀論でも大げさでもなく
「大勢の庶民の命を守る」ための戦いです

今回は大勢の人が東京地裁に集まってくれたお陰で
偏向報道とはいえ世間に届けることができたのは収穫です
次回の裁判は来年1月13日の午前11時30分、同じく東京地裁です
今回以上に、もっともっと多くの大群衆が駆けつけてくれれば
またメディアは報道せざるを得なくなるでしょう
かけつけた群衆が全員ノーマスクなら
ノーマスクを叩くこと自体に意味がないことに気づく人も増えるでしょう
来年1月13日、今から職場の「希望休」を入れてはいかがでしょうか?
一緒に戦いましょう

【コロナワクチン訴訟】傍聴してきました | 目覚めてる庶民(自頭2.0)のブログ (ameblo.jp)
【反ワクチン訴訟 第1回終了】

法廷に響く裁判官の怒声

退廷を命じられ
係官により廊下に投げ飛ばされる木原弁護士

裁判所7階の廊下を埋め尽くした群衆
「暴力反対!暴力反対!」
のシュプレヒコール

号泣する女性傍聴人

とんでもないものを見た pic.twitter.com/qhff7EvZjG
— 目覚めてる庶民(自頭2.0) (@Awakend_Citizen) October 12, 2021
だな

だって、近年
謎の不起訴
謎の無罪
連発だったじゃない…

このコロナワクチンも
そんな感じで都合良く
流そうとしてたんじゃない?

司法も確実におかしくなってきてるわ
— 5hiro (@5hiro17) October 12, 2021

裁判官ではなくて係官でしたね、失礼いたしました。
— あり (@wLC2ErTKs4RRchZ) October 12, 2021

きょう注目の裁判があるそうです コロナワクチンの特例承認取り消し訴訟・東京地裁

国を相手にコロナワクチンを止めるよう訴訟をおこしている方々がいます。
今日12日、東京地方裁判所で注目の裁判があるそうです。

日本各地でワクチンの被害者が多数でています。
この世界的ワクチン被害は、史上最悪の薬害事件になることは間違いありません。
しかしマスコミは一切報道しません。
今日の裁判もマスコミは報道しないかもしれません。
そこで、有志のみなさんで傍聴し裁判所に集結してほしいそうです。
その様子をSNSで拡散して、何もご存じない方々に注目してもらい、
マスコミが報道しない事実を知り、
なぜ報道しないのか疑問を持ってもらえたら、とのことです。

鵜川和久さん(以下の投稿に裁判所の地図あり)。

https://www.facebook.com/kazuhisa.ukawa13/posts/2618125488334199

「10月12日、特例承認取消等訴訟請求事件の第一回口頭弁論
傍聴希望の方々へ。。。

東京地方裁判所の総務省側の入口に13時。
「特例承認取消訴訟」と書いたプラカードを持ったスタッフが居りますので
そちらにお集まり頂けたら幸いです。

この裁判は、目覚めている国民全員の裁判だと思います。
メディアに、政府に振り回され、事実を知らない方々に一人でも多く伝えていかねばなりません。
傍聴希望が多ければ多いほど、注目される裁判となります。
皆様のお力添えを!」
(鵜川和久さん)

o0720069815014404435


以下は、鵜川和久さんのフェイスブックより

明日(注・昨日の投稿なので今日です)の裁判の詳細を16時より下記のURLで配信します。

https://live.nicovideo.jp/watch/lv334043012

ご視聴頂けたら幸いです。
被害者の方々の悲痛な思いも伝えていけたらと思います。
このおかしな世の中。
被害者がまともに取り合ってもらえない現状が、各地で出ております。
正しい情報、偽情報で世論は区切るのではなく、現状を見て聞いて判断する事が大切です。

明日(注・今日の12日です)は沢山の方々が傍聴にお越しになると聞きました。
そして、裁判所も注目の裁判であるとの認識だそうです。
沢山の方に伝え広めて参りましょう。

君島弘城さん。

https://www.facebook.com/kimijima.hiroki/posts/3004107653136511

「僕らに出来ることは、この裁判の傍聴席を埋め尽くし、
法廷に入れなかった群衆で裁判所を取り囲むこと
そしてその光景を拡散し、メディアが無視を決め込んだ事実を拡散すること」

***転載ここまで

「アイノウ(I KNOW)の時代とは、これまでのウソを知る時代になるということ」 マドモアゼル・愛先生の動画より

本日2本目の記事になります。

占星術家のマドモアゼル・愛先生の動画と、
概要欄にある愛先生の言葉をシェアさせていただきます。

愛先生によると
いままでの地の時代は「信じる」時代で、
自分以外の誰か、何かを(嘘でも)信じる信じ込まされる時代だったといいます。
これからの風邪の時代は「知る」時代、
ほんとうのこと、ほんとうの自分を「知る」時代になるそうです。

自分の闇を見てこなかった人は、世界の深い闇を直視することは難しく、
この世の嘘を知ることは、自らを直視し対峙することでもある。
そう愛先生は言います。
私はこれこそQムーブメントの神髄ではないか?と思います。
この動画内でトランプのトの字も、
カバールのカの字も愛先生は言ってませんが、
「この人は改革の星の下にある」と、トランプ初当選時に期待していた数少ないお一人ですし、
(私の知る限り、他には国際ジャーナリストの中丸薫さんくらいでした。)
you tubeの言論統制を考えて、かなり言葉を選んでお話されています。

***ここから転載

アイノウの時代とはこれまでのウソを知る時代になるということ – YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=28Y9QObEm2cメディアでは、人はなぜ戦争を起こすのか、、、とまるで戦争の責任が一般人の人間にあるかのように持って行きたがります。  

一般人は絶対に戦争など起こしません。嘘の情報を搔き立てられて、戦争しないと自分たちが殺される、、と思いこませることで戦争を肯定する形になるわけですが、それは、戦争プログラムに乗っけられたことで、私たちが戦争を求めた結果とは違うのです。  

こうして戦争の悲しい歴史を私たちは押し付けられてきましたが、戦争は人間の本質ではありません。平和な国や地域を荒々しい人が単に壊して乗っ取ってきただけと言えます。  

戦争で様々な利益を上げる人達は、私たちと多少異なる思想や性質を持っている可能性が高いでしょう。聖書で言うところの悪の存在のようなものです。悪の本質は嘘つきという点です。  

良心的な9割方の人間と少数のウソつきが交わる社会では、嘘のシナリオに9割の人がはめられるのは自然な流れですので、長い間、私たちは嘘によって惑わされ、奪われ、悲しみを負わされてきたわけです。  

アイノウとは、私が知る、、、ということですので、メディアや教育や宗教が真実を教えるのとは違うということです。あくまでアイノウでないと、この世の真実を知ることはできません。  

多くの人は恐怖と不安の解消に一生懸命ですので、真実のアイノウに至ることはないのです。一度、不安と恐怖と異なる視点で生き方を思えば、アイノウの世界が広がっていきます。なので、そうならないように、恐怖支配、不安支配の方法が世界の国々で執られることになります。私たちに眠っていてもらいたいからです。  

しかし占星術では今はアイノウの時代に入ったと考えます。これからの時代の流れは、アイノウによってしか変えることはできません。アイノウとは、これまでのウソを見抜くことであり、嘘だと知ることに尽きます。それは世界のウソであり、社会のウソであり、様々な権威のウソとなりますが、何より、自身の心の中のウソに気づくことができないと、周囲のウソを見抜くことにも限界が出てきます。  

自分は何を求めているのか、、、自分は何を恐れているのか、、、そこに入りこんだ嘘を自覚することにより、私たちを取り巻く世界のウソに、二度と騙されることがなくなるようにできていると思います。  

多くの人は、本当のところは、自分自身に嘘をついており、嘘の自分を守ろうとしてあくせくしています。そこを突かれてしまっていたのです。 
***転載ここまで

あの天才発明家は異星人だった トランプとの関係は?

発明家のニコラ・テスラは金星人だった
昨年に公開されたFBIの機密文書の中に書かれていて、
トランプサポーターの間で大騒ぎになった。
ニコラ・テスラとトランプの間には不思議な関係がある。

テスラの発明は、無線、ラジオ、リモコン、交流電流、蛍光灯、電器モーターが有名で、
他には、大気からエネルギーを取り出す仕組みのフリーエネルギー、スカラー電磁波、テスラコイル、
電線も発電所も要らない無線の配電システム、
気象操作、人工地震、惑星間の通信、未来を透視する装置などがあり、
奇想天外に思える発明が、いかにも金星人らしいところ。

人々の幸せのために研究し、
地球から戦争がなくなることを願っていたのも、いかにも金星人?なテスラ。
金星は愛と平和の、高度なテクノロジーをもつ星なのだ。

しかし、無料のフリーエネルギーなんぞ普及したら困る電力利権屋や、
戦争がなくなったら困る戦争屋からすると、
そんなテスラは目の敵、同時代のエジソン推しで、
天才テスラは激しい迫害を受けることとなる。
闇勢力によって彼の発明は封印され、研究成果は奪われ軍事機密になり、
家と研究所は破壊され、テスラは失意のなか無くなってしまう。
平和のために考案した気象操作や人工地震の発明は、
気象兵器、地震兵器にされてしまった。

テスラの他にも消された発明家はたくさんいる。
たとえば、水で動く自動車を発明した技術者や、
がんが治る方法をみつけた科学者とか。
ほんとうに世界と人類を救う発明と発見は、ノーベル賞にはならない。

ところで、
テスラとトランプの関係は何かというと、
テスラが亡くなる前に彼の研究文書を託したのが、
トランプの叔父上のジョン・トランプ博士なのでした!

だからトランプは闇の勢力に、
「お前らやった悪事は、ワシはみーんな知ってる!
ぜーんぶ暴露して、
封印されていた世界を救うテクノロジーを広める!倍返しだ!」
と言ったかどうかは知らないが、悪者たちは戦々恐々、
絶対にトランプを大統領にするな!と必死なのでした。

Qとトラと同盟軍による人類解放作戦は、
テスラの未来透視装置「ルッキンググラス」を使っているのでは?と言われている。
そうでも考えないと、三年前からのQ情報の異常な的中率が説明つかないもん!
プランデミックとコロナワクチン被害で民衆がたいへんなことになっているけど、
どの一手が民衆の損害を最小限にするのかルッキンググラスを使い、
細心の注意をはらいながらの作戦だという。
もう人知をこえてて、
すごい時代に生きてるとアタシはつくづく思う。
(昨日のJR東日本の停電はテスラエネルギーの切り替え?
って妄想した人、いっぱいいるね、アタシも思った  笑)

*佐野美代子さん情報 7日の関東の地震について

関東にお住まいのみなさん、
7日深夜の地震は大丈夫でしたか?
被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。

今日は、翻訳家の佐野美代子さんからの情報を最後にシェアしたいと思います。
ご存じの方もいると思いますが、
地震(台風もですが)には、
「自然のもの」と、
「自然ではないもの」があります。
「自然ではないもの」とは、
人の手によるもの、人工的である、という意味です。

人工的に地震を起こす技術は昔からあり、
「○月×日▼時 どこそこにて、
地盤調査のため人工的に地震を起こしますので、よろしく」
と、人工地震の事前の「お知らせ」は、
新聞掲載でよくあることでした。
ある時は想定してたよりも揺れてしまい、
新幹線が止まってしまったのだとか。
翌日の新聞には「気をつけてやってもらいたい」という記事が。
(ある年を境に、人工地震のことは一切報道しなくなりました。)

さて。
自然の地震と人工的な地震の違いは、
「地震波にP波があるか無いか」で見分けがつきます。
P波があるのが「自然の地震」、
P波がないのが「人工的な地震」です。

ちなみに、
P波のない地震は311など、いくつかあります。

それでは、佐野さんのブログより転載させていただきます。
翻訳家の佐野美代子さんの本業は国連などの国際会議の同時通訳です。
また、外交官夫人としても国際交流を長年され、
一般人では知り得ないような、
世界の裏表の情報をご存じの方です。

***ここから転載

「昨日の地震について」
NEW!2021-10-08 11:49:50

皆様
地震は大丈夫でしたか?
保存水、必需品や薬、ペットフード、懐中電灯、バッテリーなどは
3日分は最低あると良いという神様からの警告でしたね!
(フムフムより・小銭を含む3日分程度の現金も手元に置いておきましょう)

私(佐野さん)は東京のタワーマンションにいましたが、
警報のアラームの方が怖かったです。笑
あまりそう言うことにフォーカスすると
引き寄せるので、避けたいのですが、
もちろん、日本人はいつも常備しておいた方が良いですね。

311や熊本は、もちろんご存知でしょうけど
人工地震でした。
ですので、今回もその可能性が有ります。
と言うのも、P波がなかったと、詳しい方から教えていただきました。

しかし、銀河連合やプレアデス星人などの善良な異星人が
地球で大災害が起きないように
見守っているので、大きな災害にはならないはずです。
(フムフムより・「えっ?!」と思われる人が多いでしょうけど、
宇宙や異星人に関する情報は今まで極秘にされていました。
今後、情報開示されていくそうです。)

(7日の地震については)いずれ確かな情報が入ると思うので、
また、こちらのブログに書きますね。

「地震は地下基地の爆破でした」
NEW!2021-10-09 02:41:26

日本の地震について、元アメリカ海軍の方に、お聞きしたら、
すぐにお返事来ました!
元アメリカ海軍特殊部隊の
ジーンさんからのお返事です。

Done by the Alliance!
DUMB takeout!
アライアンスがしました!
地下軍事基地 破壊した!

地下基地について、世界ナンバーワンの方なので、間違いないと思います。

やはり、私が言ってきた、光の勝利!

地球のエネルギー、明らかに軽やかになっています。

恐怖をあおる情報には注意しましょう!

さあ、笑顔で過ごしましょう♪♪♪

さあ、そろそろ寝ます!
(今日)東京講演会があるので!
最新の宇宙人の話、しますね。
ワクワクしています。
(フムフムより・宇宙人最新情報!知りたいなぁ。講演会に行かれた方、こっそり教えてください 笑)

***転載ここまで