カテゴリー別アーカイブ: ひとりごと

消えた10日間今日は ユリウス暦からグレゴリオ暦に変わった日

1582年の10月5日から10月14日までの10日間は存在しない。

これはどういうことかというと、
西洋暦の旧暦であるユリウス暦から、
現在わたし達が使っているグレゴリオ暦に切り替える際に、
新旧の暦の間に10日間の差があったので、
1582年の10月5日の翌日は、
10日えいやっ!とワープして、10月15日になったのでした。

…えらいこっちゃ! 
サラリーマンだったら10日分のお給料がなくなるし、
でも月に祓う税金とか家賃とか変わんないし、
このワープした10日の間に誕生日を迎える人の贈り物はどうするだ?
10日も消滅するとなると、庶民の生活は大混乱だったろう。

日本も同じことが起きていて。
明治に和暦から西洋暦のグレゴリオ暦に切り替わった。
太陰暦から太陽暦への改暦だったので、ほぼ一か月分が消滅!
明治5年12月3日の翌日が明治6年1月1日になっちゃった。
しかも、いきなりだったそうな。
「新しい暦に変えまーす」って感じで、
えー!急にそんな?!と、
急に正月が来て歳とっちゃうわ、
正月の準備が間に合わないわ、
年末の借金の催促が来ちゃうわで、とんでもないことに。

この明治の改暦の理由はいろいろあるけど、
明治政府が金欠でお給料を祓えなかったから
というのが本当の理由なのは有名な話。
明治政府は改暦の半年前に年俸制から月給制に変えてたから、せこい笑。

ユリウス暦からグレゴリオ暦への切り替えに話を戻すと、
今でもヨーロッパのごく一部の協会はユリウス暦を使っているという。
宗教の伝統とか、
人の本質的なものは暦では変えられないものがあるのだろう。
(日本は沖縄と、奈良天川村の天河神社くらいなんだよね、旧暦を使っているのは。)

さて。
これから世界の大変革が始まると、
「闇の10日間」が起きるという噂があって、
この「闇の10日間」は、
ユリウス暦に戻すという意味ではないか?と言われている。
アタシは有り得る話だと思う。

ユリウス暦に戻すかどうかは分からないけど、
暦が変わっちゃうことに匹敵するような、
「とんでもないこと(いい意味で)」が起きるんじゃないかとアタシは思うのでした。
(横須賀の監獄船が5隻に増えてる?!)

梅雨が明けたよ

梅雨入りは、
入っとるの? 入っとらんの?って、
いまいちよく分からないけれども、
梅雨明けは、
明けた!明けたに決まっとるがね!って、
気象庁に言われなくても分かる。

今朝お外に出たら、空気も軽いし、
蝉も大合唱、
アタシは気象庁より先に梅雨明け宣言を出した。

夏は嫌いじゃなくて、
四番目に好きな季節だし。
蝉の大合唱に消されないように、
街行く人の会話の音量が大きくなるのも、ちょっと楽しい。

アタシの住む荒子は下町なので、
道で知らない人から、
「ワンちゃんも暑いね!」とか、
「アンタ、帽子かぶらんとイカンがね!」って言われちゃう。
(誰だっけ?)と思いながら、
ハーイ!と返事して立ち去る。
知らない人から気にしてもらって、
その知らない人にも幸運とか無事とか祈るような気持ちになっちゃう夏。
(今日は近畿と東海が梅雨明け。そして、親友の命日です)

矢野顕子 ト・キ・メ・キ – YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=0ghH7o8qp8E

未来は「自作をするのが最強」の世界

普段テレビを見ない私だけれども、
年に2回くらいはテレビを見る。
それは、アッコちゃん(矢野顕子さん)と、
オザケン(小沢健二くん)の音楽番組の出演に限ってのことなのだけれども、
昨年5月にオザケンがミュージック・ステーションに出演した時の、
自作の作文の朗読(近年ライブでもやってる)が面白かったので紹介したい。

その日のМステは、一回目の緊急事態宣言の頃で、
出演するアーティストはリモート出演だったのだけれども、
他のアーティストがシリアスな口調で、
「手を洗おう」とかステイホームを呼びかけていた中、
オザケンは歌を歌う前に、いつものノンビリした口調で作文を読みはじめた。

〔「マスクは買うもの」と思っていたけれど、
普通のマスクなら自作できる、と気づいた人もいるはず。

よく考えたら、マスクは昔、みんな自作していた。
それが便利になって、お店で買えるようになった。
実は、「自作できる物」は多い。そして作ってみると、
それがどうできているか、仕組みがわかる。
例えば、餃子を手でくるんで作ると、餃子の仕組みがわかる。
すると、餃子を身近なものと感じるようになる。
ようするに、自作をすると、自信がつく。

しかし、自作をしていると、こう言われたりする。
「お前、めんどくさい奴だな。そんなの買えばいいじゃん」と。
でも、それはもしかしたら、古い世界。
未来は「自作をするのが最強」の世界
かも、しれない。〕

…おー、自作すると仕組みが分かるよねー。
たとえば、お菓子を手作りする人は、
砂糖が結構入るんだな、と分かり、
じゃあ、手作りするお菓子よりもずっと甘い、
スーパーで売っているお菓子はどうなんだろ?と思って、
スーパーのお菓子の裏の成分表示を見たら、
わけのわからない人工添加物が入っていたと知る、とかね。

プランターで野菜を育ててみると、
虫に食べられたり、実が不ぞろいだったりする。
あれ? スーパーのピカピカの虫が食べてない野菜ってどうなってるんだろ?

化粧水を手作りしてみたら、材料の単価が分かって、
市販の化粧品のお値段は、広告費が上乗せされていたと知る。

マスクもそう。
あれ?ウイルスのサイズってすっごい小さいけど、
マスクの目に比べてどうなんだろ?
不織布マスク、素材はポリプロピレンだけど安全なんだろうか?
(実際、環境ホルモンや発がん物質、モルゲロンが検出されてる)

まあ、こんな風に、自作マインドの人は、
ただ消費するだけでは分からなかったことに気づくのであります。
単純に手作りは楽しいし、
オザケンが言うように自信もつくし、
なによりも、
「まてよ?」と勘が働く人になる
と、私は思ったのでした。

この1年、子供にも教師にもマスクをつけさせない学校があった!校長先生のお話会ご案内(茨城

本日3本目の記事です。
福島在住のロハスなまち作りコーディネーター「ハナリン」こと、
大花慶子さんブログ「ハナリンの みちのくロハスライフ」よりシェアさせていただきます。
驚きです!こんな素晴らしい校長先生がいる!
校長先生(この春、定年退職されたそうです)のお話会があるそうですよ。

***ここから転載

「この1年、子供にも教師にもマスクをつけさせない学校があった!校長先生のお話会ご案内(茨城」
NEW!2021-05-20 20:13:48

こんにちは、ハナリンです

facebookの友達の投稿で知りました。
なんと、この1年、「マスクをつけなくてもいいよ!」と、
つけさせなかった(まともな)校長先生がいらしたそうで、
その校長先生のお話会があるそうです。
近くの方は行ってみてください!
いつも私がお世話になっている
水戸市内原にある
草っぽ農園からのシェアです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「子どもたちをノーマスクで学校生活を過ごさせた校長先生のお話し」✨✨✨✨
先日、
藤原ひろのぶさんの講演会で
講演会に来てくれた方々に
17歳の息子ようたろうが
自分で作った新聞
独歩新聞(ひとりあるき新聞)を配りました。
そこで
すぐに声をかけてくれたのが
足尾中学校の元校長先生✨
(原口さん、今年3月に退職)
その原口校長先生はなんと
子どもたちに
ノーマスク学校生活を一年間
していました。
いや~びっくり!
もちろん教員もみんなノーマスク!!
早速、原口さんに電話をし
なんと近々、くさっぽがっこうでお話し会をしてくれることになりました❤️
(24日月曜日 ※詳細は下記にて)
ミーティングかねて電話で
ノーマスクでの経緯と
原口さんの子どもたちに対する思いをたくさん聞きました。
私、泣いちゃいました。
すごすぎる~~~❤️
すごく冷静で落ち着いている原口さん。
でもひとつひとつ
どの言葉もビンビン胸にささり
涙が溢れてしまいました。
原口さんは
とにかく
自分の感覚と
行動と
目の前の子どもたちが健全に成長できるか
そして
おかしいことはおかしいと
そして
自分がすべて責任とると
繰り返し伝えてくれました。
とにかく
教員、保護者、子ども、地域
「対話」を一年繰り返したようです。
みなの不安を
ひとつひとつ払拭していき
「安心」を増やし
何より
目の前の子どもたちが健全に成長できること
その思いを共有しながら
説明とプリントでのお知らせと
直接会ってお話しを
とにかく繰り返したと✨
だから足尾中学校は一年
変わらず
生徒も教員も
のびのび過ごしたと言っていました。
特に力をいれている
大きな筆で書く書道やユニークな合宿など生徒も教員もみな
思い切り楽しんだと✨
いや~~~
とにかく
静かだけど情熱溢れる方だった~~~✨✨
以上、
草っぽ農園ニュースレター
より。
本当に素晴らしい先生ですよね~
世の中で起きていることとは…
子ども達の気持ちを一番に考えた行動とは…
私もお話会楽しみです❤️
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
⭐️5月24日月曜日
くさっぽがっこう
~安心してマスクをはずしていいよ✨
栃木県足尾中学校の原口元校長先生のお話し会~
場所…りりぃ農園(茨城県石岡)
 ※看板屋たけちゃんフィールド
10時受付
10時半~12時
原口先生お話し
~対話を繰り返して生まれる不安から安心溢れる学校へ~
(お昼休憩✨各自お弁当などご自由にお持ちください✨)
13時~
原口先生を囲み交流会✨
「今、目の前の子どもたちにできること✨」
14時~15時
うたうたいりりぃ
ハートを広げるミニコンサート
子どもたちもおいで~

かたづけ終了。
※トイレはコンポストトイレ又は近くのコンビニをご利用ください。
参加費
大人1500円
小中学生800円
3歳以上500円
申し込み
資料準備のため
22日土曜日午前中までにご連絡ください。
☆お問い合わせが多いのですが、残念ながら今回はzoomなどでの公開はございません。大自然に触れていただきながらのお話会になりますので、ご了承ください。

***転載おわり

一人ひとりがどう考え、どう行動するか

本日2本目の記事です。
整体師の西田聡先生のお話を、
ラミーコさんの「ラミーコのブログ3」経由で転載させていただきます。
西田先生、ラミーコさんと同じく、
私フムフムもマドモアゼル愛先生を敬愛してます!
愛先生のyou tubeチャンネルおすすめですよ!

お話に出てくるムーンショット計画とは、
人類をロボット人間化、サイボーグ化し、
お金、食、水などは管理支配され、行動や意識までも操作されるような完全奴隷化のことです。
これは陰謀論ではなく、内閣府の実際の計画です。(2050年目標)
ヤダよーん、そうはさせないゼ!

****ここから転載

【一人ひとりがどう考え、どう行動するか】

私(西田聡先生)が敬愛する
占星術家であるマドモアゼル・愛先生のお話をシェアいたします。

奴隷化されないもう一つの方向 – YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=nDsyR48C1qk

支配者たちが描く青写真
(例として「ムーンショット計画」を取り上げています)
通りに進めないためには、「民意」が大切だとおっしゃっています。

ただし民意といっても、
現在のような“なんとなく醸成される風潮”ではなく、
一人ひとりが自分の頭で考え、
自分の意思で行動すること。

その結果としての民意が必要だということです。

「風の時代」とは、
“個々の時代”であり、
“自立の時代”であり、
そして“自由の時代”だということです。

そして、これから間違いなく、
その傾向はどんどん強まります。

いかなる権力も、民意には勝てないのです。

つまり、一人ひとりの生き方が、希望ある未来を開いていくのです。

さあ、皆さん、用意はいいですか?^-^(西田先生)
(イエーイ!←清志郎レスポンス風のフムフムでした)

なつかしい未来

第二次湾岸戦争や長良川河口堰問題の頃だったから、
今から30年ほど前になる。
当時の私は、宮沢賢治の命日に行われる賢治祭りに通っていた。

今はどうだか分からないけれど、
夜の祭りが終わった後は、晴れている日は祭りの広場で、
雨の日は賢治の弟さんの清六さんのお宅で、
居残り参加者による座談会が行われていた。
私は学校の居残り授業とか、
部活の居残り練習とか大嫌いなんだけど、
この座談会というか雑談会には参加するようにしていた。
だって、楽しかったから。
自分みたいな人がいっぱいいて、何しろ話が早い。
話が早いとは、マシンガントークじゃなくて、話が通じるってことね。

その座談会には、日本各地から、海外の参加者もいた。
自然農法のお百姓さん、天然酵母のパン屋さん、
作家、アマチュア天文家、
音楽愛好家、鉱石マニア、学生さん、
市民運動してるママさん、お医者さん、海外を旅するバックパッカー…。
職業も年代もバラバラなんだけど、
でも、賢治的な統一感が「やっぱりね」なのだった。

そこで、皆で話しているうちに、
え、あなたの分野でも「おかしなこと」が起きているの?となる。
だんだん、なんだか変なんだよね、という疑問に皆が包まれる。
なんで、こんなに農薬を使っているんだ?
どうして人の口に入れる食べ物に添加物がいっぱい入ってる?
国が安全だと言っていた成分で、なぜこんなに健康被害が出ている?
薬害がなくならないのはなぜ?
わざわざ環境破壊するなんてどうかしてるんじゃないか?
政府や役人、大企業とか、
どうして国民に不利なことばかりするんだろ??
もしかして、世の中のシステムは、悪意によって動いているのだろうか…。

当時の私は、化粧品と食品添加物の勉強と、
市民の会で原子力問題とか、関西空港の埋め立て問題とかやっていて、
大いなる謎ばかりだったのだ。
迷宮に入ってしまいそうな、底なし感から、
市民運動は2年でやめてしまった。
仕事も忙しくなり、賢治祭りにも足が遠のいたのでした。

なんでこんな思い出を書いているかというと、
この経験が今になって活かされているから。
あの日々がなかったら、コロナとワクチンに何の疑問も持たなかっただろうし、
いま水面下で起きていることにも気づかなかっただろう。

世界的な市民革命であるqムーブメントに参加している人々から、
あの座談会の参加者に似た気を感じる。
正しい情報を分け合い、
自分たちの理想の世界をイメージする仲間たち。
コロナ問題のおかげで、
なつかしい魂たちが再会してる感じがするのでした。

シロツメクサとオールド・ラング・サインと、前世の記憶?

シロツメクサの季節がやってきた。
アイメイトと歩いていると、シロツメクサの甘くてスッキリした香りがして、
アタシは自分が、シロツメクサが薫5月生まれでよかったなと思う。

5月の花はバラやライラックやスズランがあるけど、
なんで雑草みたいな、というか雑草の、
(実際、ウカウカしてると草刈り機で駆られてしまうのよ)
シロツメクサが好きなのだろう。
前世でアイルランド人だったのか、
シロツメクサだったのかは分からないけど、
野原いっぱいにシロツメクサが咲いているイメージをするだけで、
もぉ、涙がこぼれそうになるんだから、
やっぱり前世がシロツメクサだったのかもしれない。笑

それから、イメージしただけで涙がこぼれそうになることが他にもあって、
それはレムリアに関すること。
レムリアとは、伝説の超古代文明の大陸で、
高次元のテクノロジーがあり、人々は愛と調和のもとに暮らしていたけど、
ある日、太平洋に沈んでしまう。
海に沈みゆく中、人々は「ある曲」を歌い、
「いつかまた会いましょう」と再会を誓い合う…。
えーん(涙)

さて、その「ある曲」とは、
スコットランド民謡の「オールド・ラング・サイン」。
日本では「蛍の光」のアレです。
アレが、レムリアの人たちが最後の時に歌った歌らしい、と最近になって知ったのでした。
そうと知った瞬間、アタシは「その時」のイメージが浮かんで、
メロディを思い出したら泣いてたのでした。
卒業式で歌っても、スーパーの閉店で流れていても、
ぜーんぜん何とも思わなかったのに。

私がレムリアにいたのかは分からないけれど、
昔からよく見る夢は、兄らしき少年と津波から逃げる夢だった。
レムリアと同じく、海に沈んだアトランティスかムーにいたのかもしれない。
まあ、いたのかどうかは置いといて、
なんかね、今度は失敗しない、皆でやり遂げる、という気持ちは昔からあって、
それが、スピリチュアルでよく言われる、
アセンション(次元上昇)かもしれないなと思ったのは10年前のこと。
もし、今が地球のアセンションのタイミングで、
それに合わせて生まれてきたのだとしたら、
自分は何をすべきなんだろ?と考える今日この頃なのでした。

余談だけど、私はダイビングをしていたけどカナヅチで、
スピリチュアルな精神科医の越智啓子先生に前世療法していただいた時も、
「何度か溺れて(死んで)るわねぇー」って言われたのでした。
や、やっぱりね。でも、海は好きです。

Auld Lang Syne☆*.蛍の光 – YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=oLxCJJiLvvo

いま橋本治が生きていたら何て言うのかな

(日本人は)権威に唯々諾々と従う「バカの最終局面」に入った
…とは、作家の橋本治の言葉。
橋本治は2019年の春に亡くなっている。

橋本治が「バカになったか、日本人」という本を出した時、
そのタイトルのインパクトの強さに私は少し戸惑ったのだけれども、
現在の日本の状況を見るにつけ(見えてないけどね)、
ほんとだ!バカになってた!」と思う。
マスコミが過剰に恐怖をあおっているウイルス、
有害無益なマスクをし、
得体の知れないワクチンを打つ。
気がついたら崖っぷちに立たされている。
い、いつの間に?!

いや、いつの間にかじゃないんだよね。
橋本治は言い続けてきたんだから。
自分の頭で考えて、自分で判断すんだよ
なーんで、これ変だなって感じないんだ?と。

アタシは天才・橋本治の見えてた未来が分からなかったし、
バカの行きつく所まで行かないと分からないのがバカというものなのでした。
(でも、覚醒すると最強)

肝心なことは…

肝心なことは目に見えない
…とは、「星の王子様」の最大のメッセージで、
「大事なことは民衆に教えるな」というヒトラーへの抗議だったと思う。
著者のサン・テグジュペリはナチスと戦う飛行士だった。

「星の王子様」は、
ドイツ占領下のフランスでは制限つきで2000部発刊されたものの、
すぐに発売禁止の図書になってしまう。
しかし、反ナチ派の人達の間で読み継がれていったのでした。

ただの児童向けの本がなぜ発禁?
いや、ただの児童書じゃなかったからなんだけど、
「肝心なことは目に見えない」なんてメッセージは、
本当のことを隠したりデッチアゲてる勢力にとってはマズイ。
ナチスがテレビとラジオと新聞、書籍や雑誌、映画や演劇など、
情報を伝える手段の全てを支配してたことは以前に書いた。

私の高校の時の恩師の口癖は、
「そんなことでは良い市民になれませんよ?」だった。
先生はフランス革命が好きで、「星の王子様」が座右の書だったのだけれども、
先生の言うところの良い市民とは、
お上にとって「都合の」良い市民ではないんだと、
今になって気付くアタシなのでした。

双子座流星群/新しい時代の扉

三大流星群のひとつ、
双子座流星群の季節がやってきた。
ピークは13日夜から14日の明け方、
今年は15日が新月だから月あかりのない大チャンス!
雲がなくて人工の光が少ない郊外だったら、
慣れた人だと一時間で50は見れそうなんですって。

21世紀にはいったら減るかも
なーんて言われてた双子座流星群、
減るどころか、増えてる?
この双子座流星群、よく分かっていないのだとか。
発生源の母星は多分これかも?違うかも?
いちばん数が多い流星群だけどミステリアスなのだった。

ところで。
今年の冬至は12月21日。
翌22日は、20年ぶりに、
木星と土星が重なるグレートコンジャンクション。
しかもこの20年に一度の会合は、
200年ぶりに「地」から「風」へと星座のエレメントが移動して、
800年ぶりに水瓶座に戻ってきたんですって。

ちなみに、
「地」の星座の時代は「物質重視の時代」で、
「風」の星座の時代は「精神性の時代。
そして、風の星座の水瓶座は変革・自由・集合意識を司るのだとか。

…へぇー! 
やっぱり、宇宙的にも今年は地球の転換期なのかしら。
新しい扉が開かれますように…!
(星に願いを)

小沢健二『彗星』MV Ozawa Kenji “Like a Comet” – YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=YDD3KxkXjyc