僕らが旅に出る理由

秋のはじめだったと思う。
姉がラジオをつけると、小沢健二の「僕らが旅に出る理由」が流れて来て、
聞いていたら不意に泣いてしまったのだとか。
オザケンで泣くとは思ってなかったから驚いちゃった、
こんなにいい曲だったかしら?と言っていた。

この曲は、旅に出る恋人の幸せを祈る曲だ。
いや、始めは恋人のことで、ごくパーソナルなんだけど、
曲が進むにつれ「遠くまで旅する人達」ぜんぶになっちゃって、
終いには宇宙まで飛躍しちゃうんだから、オザケンは天才だと思う。

それに「旅に出る理由」ってタイトルなのに、
理由はこれこれこうです、って明らかにされてもいない。

人生は旅のようなもの、とよく耳にする。
マインドフルネスの源流と言ってもいい、名著「ビー・ヒア・ナウ」の著者でもあり、
元・心理学者で、思想家のラム・ダス(先日、移住先のハワイで逝去)も、
「私たちはみな、
家までの道のりを歩いて帰る途中だ。」と言っていた。
天国から出発して、
再び天国に帰る旅路が人生だ、と。

オザケンがそこまで考えて作ったのかどうかは知らないけれど、
天国から「いっておいで!」って、
子らを送り出す神様みたいな視点も感じられるのだ。
かわいい子には旅をさせよ、と言う。
旅に出る理由は、
神様に愛されているから、なのだろうか?

今年は、私の大好きな橋本治が、
私の大切な親友が天国へ帰っていった。
神様にニコニコ顔で出迎えてもらったに違いない。

・「ビー・ヒア・ナウ 心の扉を開く本」
ラム・ダス 著/平河出版社

僕らが旅に出る理由 小沢健二 – YouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>