「Covidウイルスのワクチンを接種するように、雇用主や大学からいじめられたり、嫌がらせを受けたり、強制されたりしていませんか?」シドニー・パウエル弁護士からのメッセージ

本日2本目です。
クラーケンを放て!のシドニー・パウエル弁護士からのメッセージです。

シドニー・パウエルさんからのワクチンに関するメッセージ|地球放浪22年目 Qリプトラベラー|note

https://note.com/cryptraveler/n/nfea3fe0e2629

***ここから転載

シドニー・パウエルさんからのワクチンに関するメッセージ 
地球放浪22年目 Qリプトラベラー 
2021/05/26 20:28 フォローしました 

今日、シドニー・パウエル弁護士からメーリングリストを通して、ワクチンに関する意見が届いたので、DeepL翻訳したものを共有させていただきます。

親愛なる愛国者の皆さん。

Covid-CCP(中国共産党)ウイルスのワクチンを接種するように、雇用主や大学からいじめられたり、嫌がらせを受けたり、強制されたりしていませんか?

今回は、このような状況に対処するためのヒントをご紹介します。この問題が議論を呼ぶことは理解していますが、私たちは、誰もが自分の意思に反してワクチン接種を強制されるべきではないと強く信じています。
99%の治癒率を誇るウイルスなので、そのワクチンを拒否しても、何の影響もないはずです。

以下、いくつかのポイントをご紹介します。
私たちが特に指摘したいのは、ワクチンによる副作用や死亡があった場合、ワクチンメーカーは一切の責任を負わないということです。
しかし、もしあなたの雇用主や大学がこれを強要しているならば、彼らは責任を問われる可能性があることに注意してください。
そのことを伝えておくといいかもしれません。

決断する前に考慮すべきことは以下の通りです。

1) 米国ではCOVID-19ワクチンは認可されていません。
2) Emergency Use Authorized (EUA)のみ。”承認 “が “認可 “を意味するとは考えないでください。
3) EUAに関する連邦法に基づき、拒否する権利がある。
4) Your Right to Informed Consent(インフォームド・コンセント)は、EUAよりも連邦法に基づいています。
5) 副作用に関する長期的な研究は行われていない。
6) 米国では先行して承認されたmRNAワクチンがないため、副作用は不明である。
7) 短期的には重篤な副作用や死亡例が報告されています。
8) Covid-CCPを受けたことがあれば、免疫力がある。
9) すべてのワクチンメーカーは、副作用や死亡に関するすべての責任から完全に解放されている。
10) 副作用や死亡があった場合、ワクチンの接種を義務づけた雇用者に責任が生じる可能性があります。

ここにPDFフォームのリンクがありますので、印刷して雇用主やお子さんが通う可能性のある大学に提出してください。
これにより、雇用主がワクチンや潜在的な後遺症に関する質問に回答したことを記録することができます。

フォーム_雇用者_雇用主が_Covid-19_Injectionsを要求する場合.pdf (英語)
フォーム_学生_短大・大学に通う人_Covid-19の注射を必要とする人.pdf (英語)

この問題やマスク着用の強制についての情報を探してみてください。これらの問題に取り組んでいて、チーム・クラーケンのメンバーと話したい場合は、ここにメールを送っていただければ、検討します。
support@defendingtherepublic.org

さらに詳しい情報は、Defending The Republicのウェブサイトをご覧ください: https://defendingtherepublic.org/covid/

***転載ここまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>